ふるさとだより


2009 年 10 月 30 日 金曜日

dscf0152日本では古くからお月見の風習があります。一般に十五夜に月見をしたら、必ず十三夜にも月見をするものとされていました。これは十五夜だけでは「片見月」といって嫌われたそうです。十五夜はサトイモを供えることが多いため「芋名月」と呼ばれています。十三夜は「栗名月」とか「豆名月」と呼ばれています。これはお供えに栗や豆を神棚などに供えるからだそうです。中秋の名月の後なので、「後の月」と言われたり、「小麦の名月」と呼ぶ地方もあるそうです。十五夜はあまりすっきりしない夜空であることが多いですが、十三夜は晴れることが多いようで「十三夜に曇りなし」という言葉もあるそうです。今夜はどうでしょうね。

dscf0134

今日のおやつのお団子は年中児が挑戦しました。箱守栄養士の指導の下、身支度からお団子作りまで、みんな始めての経験で、意欲的で楽しく挑戦することができました。

2009 年 10 月 29 日 木曜日

「叱る」も「怒る」も辞書を引くと同じような意味ですが、一般には使い分けがされています。「叱る」は、相手の立場になって考える行為、しつけの一つとも考えられると思います。これは相手に対する愛情がなければできない行為かも知れません。「怒る」は例えばジュースをこぼされて、きれいなカーペットを汚されたとします。この時の腹立たしい感情を相手にぶつけるといった行為で、一方通行の感情表現です。子どもに対しては「叱る」方が望ましいと思いますが、まだ理解ができない子どもの場合は「叱る」ことの意味はありません。母親がアイロンかけをしている時、そばでチョロチョロしている子どもに対し、“触ると熱い”という行為は0~2歳くらいまでは理解できないでしょう。その際少しだけアイロンに触らせて、大きなやけどを防ぐ、というやりの方が大事かもしれません。  感情にまかせて子どもに怒る事はいただけませんが、最近は“喜怒哀楽”の感情表現が乏しくなっているように思いますので、危険な行為に対しては怒ることも必要かと思います。ダメなものは理屈抜きにダメと。ダメと言うのも声を荒げないで理解できるのは、2~3歳くらいではないでしょうか。いたずらをされたくないのなら、見えるところに置いておかないことです。怒るより、上手な叱り方を身につけたいですね。しかし、まずは「褒める」ことをお忘れなく!                         

2009 年 10 月 28 日 水曜日

予防医学の杉本一朗先生のレポートに次のような興味深いものがありました。

「アメリカのニューヨーク市学区では1979年から4年間かけて、食事に飽和脂肪酸と砂糖が含まれすぎているために起こる害と、食品添加物の害を確かめる大規模な実験が行なわれました。ニューヨーク市の子供達100万人を対象に、構内のカフェテリアでの食事内容を飽和脂肪酸や砂糖、食品添加物を含まないものに換えて、学力にどんな影響があるかを調査するものでした。調査開始以前の構内のカフェテリアでの食事内容は、ハンバーガーにフレンチフライ、ホットドッグ、ポテトチップス、コカコーラと言ったものが主流でしたが、最初の1年目には飽和脂肪酸と砂糖を減らし、2年目はそれに合成着色料や合成甘味料を使った加工食品がメニューから除かれました。3年目には何も変えることなく、4年目には合成保存料を添加している加工食品を除外しました。その結果、年々標準学力テストの平均点が上がっていき、調査以前の39点から、4年後には55点まで上昇したと言うものでした。この実験のポイントは、食事の内容以外、教師の数やカリキュラムを変えたわけではないところです。又、1980年代に子どもを凶暴にする食事の実験調査も行なわれましたが、食事内容を変えただけで、けんか等のトラブルの発生回数が48%も減少したと言うことでした。(以下略)」

食は人を良くすると書きます。食を見直すことで、いろんな事が改善されそうですね。

2009 年 10 月 27 日 火曜日

毎週月曜日に各クラスの保育日誌を提出してもらっています。日誌の他に1週間でA4版1枚の「省察」を書いてもらっているのですが、その中で昨日こんな内容のものがありましたので紹介いたします。

年少女児のYちゃんは、月曜日にパジャマを忘れました。担任は「明日持ってきてね」Y「わかった!」、火曜日も忘れました。担任「お母さんにお話して、明日は持ってきてね」Y「うん!」しかし、おうちに帰ると伝えるのを忘れてしまうのでしょう。水曜日も忘れてしまいました。そこで担任はYちゃんの手にパジャマの絵を描いて「明日は忘れないでね」Yちゃんは「短いおズボンのパジャマがいい」というので、半ズボンの絵も描き足しました。そうしたところ、木曜日にやっと持ってくることができました。Yちゃんは忘れないでお母さんに伝えることができたのです。自分で言えて持ってこられたので、満足そうだったということです。

送迎が祖父母で、母親に会えない為、電話をかけて持ってきてもらうのは簡単です。が、子どもを“信じて待つ”という対応に感激してしまい、休憩時間(午睡時間に職員は2交代で休憩を取ります)にこの対応を共有しました。勿論、年齢や性格で全ての子どもに対して同様の対応が最適とはいえませんが、一人ひとりの子どもの性格をよく熟知した担任の対応でした。失敗の経験をさせることも大事です!

2009 年 10 月 26 日 月曜日

cimg6706

これは、本日の年長児の食育タイムの一こまです。毎年栄養士が食育タイムを少人数制で定期的に行なっているものです。例年は男女混合で実施してきましたが、今年は男女別にしています。・・・というのは、“聞く態度”を例にとると、女の子はきちんと座って聞くことができますが、寝転んでは聞けません。しかし、男の子は寝転んだ姿勢でも案外聞けるようなのです。ですから“教育の仕方”に工夫が必要・・ということを、先日新宿せいが保育園の藤森園長より伺い、箱守栄養士が男女分けて試みてくれています。どういう試みでも、メリット・デメリットがありますが、試してみないことにはわかりませんからね。子ども達は食育ランチを楽しみにしていて、少人数制ということもあって、楽しみながらも真剣でした。残されたクラスの年中・年少さん達は、年長さんはどんな事をしに行くのだろうと、羨望のまなざしで見送っているそうです。

 ・・・男女差は他にもいろいろあるようです。例えば、脳の視床下部にある摂食中枢と満腹中枢。女性特有の食欲に、「イライラしたり不満な時に食べる」感情が食欲に左右しますが、男性では起こりえない摂食行動なのだそうです。また、満腹なのに、美味しそうな食べ物を見ると、つい手が出てしまうのは、大脳の感覚中枢が働く為だそうです。これもデザートは別腹の女性特有?なことですね。これは男性もありますか?

このページの一番上へ