ふるさとだより


いのちをいただく

dscf4299

食べ物がみちあふれている時代に、食べ物のありがたみの伝えることは難しい。食べ物を粗末にしてはならないと、教えることは難しい。その食べ物が既に粗末にされている。日本の1年間の食品廃棄量は2000万トン以上。発展途上国での3300万人の年間食料に相当する。そんな時代にどのようにして食べ物のありがたみを伝えるか。(本文より抜粋)・・・・これをみごとに伝えてくれる感動の一冊です! 西日本新聞社発行

このページの一番上へ