ふるさとだより


先人の教え

「三つ子の魂百まで」

「三つ心、六つ躾、九つ言葉、十二文、十五理(ことわり)で,決まる」

「乳児は肌を離さずに、幼児は手を離さずに、少年は目を離さずに、青年は心を離さずに」

これら先人が残した子育ての教えは、現代の科学に基づいても、正しいことが分かってきています。先人の教えって理にかなっているから凄い!ですね。

このページの一番上へ