ふるさとだより


2010 年 5 月 31 日 月曜日

dscf4583田中佳著 メタモル出版 1600円

この本はこの5月に出版されたばかりです。私の夫が末期がんを筑波大で宣告され、手術はできず、ホルモン療法以外治療法はないといわれたのは昨年1月でした。たまたま、その直後、EM菌の発見者比嘉照夫氏の奥様(節子さん)が、講習会の為来園したので、このことを相談したところ横浜のあかね台クリニックを紹介して下さいました。このクリニックに杉本一朗先生と、この書籍の著者田中佳先生(いずれも脳神経外科専門医)がEMを使っての治療をされているのです。診察は、癌は生活習慣病(自己管理欠陥症)だから、食事や運動などの生活を見直さなければいけない・・ということで、最初は1時間タップリとお話があり、そして、EMを処方してくださいました。その後、僅か2ヶ月ほどで、数値が正常値になってしまったという奇跡のような事実があります。(ホルモン療法も最初だけで止めました。)

※今年の11月20日(土)には、比嘉照夫先生と、杉本先生の講演会(下妻市民文化会館)を予定しておりますので、是非お聞きになることをお勧めします。

さて、この著書は、病院や薬に頼らず生きること、そして病気にならない身体をつくること、そのために必要なのが健康自立力なのです。という見出しで始まります。そして書き出しにはこういうのがあります。“あるアメリカ人医師はこう言った。ーなあ、君ら日本人は不思議な民族だよね。高いお金を払ってわざわざ人間ドッグで病気を探しに行ったり、病気になった後のことには果てしなくお金をつぎ込むのに、病気にならないようにする為には、ほとんどお金を使わないんだからね。” ・・・図星ではないですか?!

今日、先日行なった成人病予防一般検診(最低の検査しかしていませんが)の私の結果が送られてきました。コレステロール値が範囲を超えて高く、治療が必要・・というコメントでした。が、この本を読むと心配はいらないようです。コレステロールが高いと“卵”は控えなさいと一般の医師は言います(医師は栄養学は学んでいないそうです。)が、この先生方は毎日1個~2個は食べた方が良いと言っています。但し、卵はスーパーの安いものではなく、できればEMのものを勧めています(ちなみに保育園の卵は、エサにEMを使っているものです。)。卵はアミノ酸が豊富なまれにみる良品ということです。そのほか「減塩は有害だ」とか、インフルエンザのワクチンのことなど、知りたい情報が盛りだくさんです。

・・・今、高校生の4割超が生活習慣病予備軍だそうです。真剣に“病気にならない生き方”について考えていかないと大変なことになると思いませんか?この生き方はスターとさせるためのキーワードは、食事・習慣・EMだそうです。           清視:記

2010 年 5 月 28 日 金曜日

dscf4601

今日は写真の“へび鬼”が展開されていました。 ・・・・・・・ 楽しく遊ぶ為には、ルールを守ること、友達と協力すること、体力や技術を身に着けること等が必要とされます。日々の繰り返しの中で、友達とのかかわり(コミュニケーション能力)が深まり、体力がつき、種々の技術面も身についていきます。集団遊びで起こる様々なトラブルは、子ども達の中に問題解決能力も培ってくれます。                         年少児は、まだじゃんけんのルールが分からない子もいますが、このような遊びの中で楽しみながら身につけていきます。   最後まで続けていた子もいれば、途中で抜ける子、途中から加わる子もいましたが、年少から年長児まで、実に楽しんで、たっぷり1時間遊べていました。年長児が年少児にそそぐ温かいまなざしは、じーんと来るものがあります。集団ならではの貴重な遊びです。

2010 年 5 月 27 日 木曜日

dscf4594

これなんだか分かりますか?栄養士が4月末に大根の首の部分(厚さ1cm程度)を、この水を張ったお皿につけておいたところ、なんと本日花を咲かせました。葉っぱを切り落とした首から、また葉を出し花を咲かせて、切り口からは根っこも出ています。やっぱり生長点は凄いですね。この事実を知ると、成長点は捨てられないですね。こここそ食すべきです!玄関前のサンプルケースの上に置いてありますから、是非お子さんと見ていってください。

2010 年 5 月 26 日 水曜日

自己尊重感(自己肯定感)について、先日紹介した青江知子氏の『デンマークの保育』に具体的に記載されていたので紹介します。

子どもはそのままの自分を認められることにより、自己尊重感を育てていきます。人に引っ張られず自分が良いと思う道を進むことができる人になる為には、自己を失わないことです。(これは個人の幸せに一番大切なことです。)そして自分を理解し大切にすることは、また周りの人を理解でき、大切にできることに繋がっていきます。自分が失敗して自信を失った時、この自己尊重感があれば、自分を立ち直らせることができます。幼少期に自己尊重感を育てておくことは非常に大切なことです。ありのままの子どもを認め、愛情をたっぷり与え、自己尊重感をしっかり育てていきたいものです。

自己尊重感を育てる為のことば遣い

評価する言い方をできるだけ減らします。例えば子どもがブランコに乗っていると、「高くこいで面白そう」と言い、「高くこげてうまいね。」というような子どもを評価する言い方をできるだけ減らします。評価の言葉は、子どもを何ができるかできないかで、自分がいい子なのだとか、ダメな子だとか思わせてしまいます。何かがうまい子は、それによって自信は持ちますが、その子からうまいことを取り去った場合、もしその子が自己尊重感を持っていなければ、自信を失ってしまう可能性があります。

禁止の言葉はできるだけ少なく、肯定的な言葉で。例えば「走ってはダメ!」「○○してはダメ!」と言わないで「歩きなさい!」「○○しよう!」と言う表現にできるだけします。禁止の言葉が生活上で多くなると、子どもの生活が制限されてしまい、毎日が楽しいものになりません。幼少期に楽しかった、嬉しかった、面白かった等の体験をたくさん味わうことによって人生に対して肯定する見方ができるようになります。

子どもの自分の中に生じている気持ちを言葉で表現する。大人が子どもの言えない感情を言葉にして表現してやると、子どもは自分の気持ちをうやむやにしてしまわず、「自分がなぜ泣いているのかが分かってもらえた、泣いてもいいんだ」と安心し、むやみに泣くのをやめて気持ちを落ち着かせます。子どものそのままの姿がここで認められたことになります。自分の感情の整理に、子どもの気持ちを言葉で表現してやることは大変意味のあることです。

2010 年 5 月 25 日 火曜日

子どもがけんかをしています。どちらの対応をしますか?

A:「もうけんかをしたらいけません!けんかをしないで仲良く遊びなさい!」と、いきなり中止して、仲良く遊ぶことのみを大人が主張します。

B:「どうしたの・・・そう、悔しかったの・・・話してごらん・・」興奮している子どもの気持ちを周りの大人が汲んでやったり、気持ちに沿ってやったりして、なぜそうなったのか、どういう状況でそうなったのか、子どもが語れるような雰囲気を作ります。

例Aは、けんかをすることにマイナスの価値観があり、けんかにすぐふたをしてしまいます。子どもはけんかのいきさつや、その時の思いを外に表現できないまま次の行動に移らざるを得ません。自分の気持ちが封印されたまま、表現能力は絶たれています。

例Bは、大人から表現の場をもらっているので、自分の気持ちを言ったり、状況説明を言葉で言ったりできます。こうした経験は自分の気持ちを言える子どもをつくり、ものごとの状況が語れる子どもをつくっていきます。例Bのような会話を家庭でも園でも幼児期に培っておくことが大切です。このような会話が、話せる子どもをつくり、聴ける子どもをつくり、けんかができ、仲直りができる子どもを育てていくのです。自分の思いをしっかり聴いてもらって育った子どもは、友達の思いを聴くことができ、友達の思いを察することができるようになります。そして、子どもの思いや話を、大人がしっかり聴くことによって、大人が自分を大切に思ってくれていることを感じるのです。そうした大人の行為が、子ども自身の自尊感情を育て、自信ある子どもをつくっていきます。言い合いや、いざこざ、けんかに丁寧に接していく事は、一見遠回りの子育てのように思われますが、子どもにとって社会性を養う大切な土壌作りとなるのです。幼児期から、毎日のこうした積み上げが、主張でき、受け入れることができ、折り合いをつけることができる社会人をつくっていきます。  『個を大切にするデンマークの保育』より抜粋

年齢が高くなるにつれ、子どもが仲裁に入ったり、子ども同士で解決ができるようになってきています。子どもを“信じる”こと、そして愛で“見守る”ことが基本にあればこそできることだと思います。

このページの一番上へ