ふるさとだより


2010 年 7 月 30 日 金曜日

昨日紹介させていただきましたがGT“見守る保育”加入園茨城・栃木の第一回勉強会が、当園で実施されました(参加者22名)。9時~10時半を見学してもらい、10時半~当園の特化した“障がい児保育”の具体的な内容を療育指導員(草間)からプレゼンをし、その後、自己紹介、情報交換、ホスト園の問題点の解決策をみんなで話し合い、今後の方向性を決めていきました。

参加者の見学の感想では、○障害児保育が充実している○環境に恵まれている○子ども達が落ち着いていて、大人の話を良く聞いている○職員が子供達とハイハイを一緒にする姿を見て、初心を思い出した○手指を使うことをコーナーの時間に行なうが、やらない子はやらないが、指先の時間に全員が活動できることはすばらしい○ハイハイ運動などは保育者主導型と思っていたが、子ども達がいやがるどころか楽しんでやっていた○運動会のための広い園庭が必要と思っていたが、これからはいらなくなりますね・・・などを出していただき、今後も自信を持って続けていけることを確信しました。  自園の取り組みを第3者に見てもらうことは、自己満足になることなく、必要なことですね。

今後は、ホスト園は持ち回りで2ヶ月に1度実施することになります。次回は栃木のメリーランド保育園さんが9月に予定されています。こういうことによって、質の向上に繋がると思います。午後は当園のスタッフ2名も追加参加させていただきました。 ※残念ながら、その様子を写真に撮るのを忘れてしまいました。

2010 年 7 月 29 日 木曜日

dscf5219

子供達が募金を持って、コンサートに来てくれた(27日)・・と言うことに、ミネハハさんがとても喜んでくれて、お電話を頂き、絵葉書の件も昨日のブログに書いたところでした。が、もう今日こんなステキな絵葉書と色紙が届いたのです!子供達には、ミネハハさんの思いを伝えて、絵葉書を渡しました。色紙は玄関ポーチに飾ってありますから、送迎の際にご覧になってください。募金箱には30万近くのお金が集まったと言うことで、早速8月の中旬からインドに出かけていって、子ども達のために活用してくるそうです。なかなかできないことですが、私達は自分ができることをやっていかなければ・・と思います。

明日は、GT(ギビングツリー 藤森平司氏代表 後援 ㈱カグヤ)の栃木と茨城の加入園で集まり、最初は保育見学、その後当園の取り組みなどの内容説明や意見交換をして、お互いの質の向上を目指すものです。従来は、全国で1箇所に集まって実施してきましたが、最近は北九州・埼玉・神奈川・東北など各地で盛り上がっていて、やっと北関東でも、カグヤさんの後押しがあって立ち上がりました。急な設定だったので、明日の参加者は15~6名の予定です。

2010 年 7 月 28 日 水曜日

躾(しつけ)についていえば、ドイツは子育てや犬の躾では定評があります。叔母がドイツに40年近く住んでいることもあり、何度かキンダーガーデンを見学したことがあります。20年以上前のことですが、叔母と私は、近くの幼稚園を訪れ、そこの園長さんと話をしていた時のことです。年中くらいの男の子が2人事務室に入ってきました。日本だったら「お客様だから、自分の部屋に戻っていなさい。」と言うのに、何も言いません。様子を見ていたら、子ども同士、大人の会話の邪魔をしないように、ヒソヒソ声で会話をしているのです。あっちへ行っていなさいという必要はないのです。その当時の当園の状態と言えば、私が電話中にもかかわらず「ねえ,ねえ、先生!」と話しかけてきます。これはやはり家庭の躾の違い!と思ったものでした。しかし、家庭にばかり頼るのではなく、子どもの場合は、その場で注意しないと効果がありません。送迎の際、何か目に余ることがあったら、自分のお子さんだけでなく、みんな社会の子どもですから、みんなで育てていきましょう。(今は、電話中に話しかけてくる子はいません。当時の話です。)

他人に迷惑かけないといえば、昨日のコンサートでは子ども達がそうでした。今朝、ミネハハさんから電話が入り、子ども達が最後まで静かに聴いていてくれたこと、お小遣いの中から募金をしてくれたことに、大変感激してくれて、絵はがきを子ども達にプレゼントしたいから人数を教えて下さい・・ということでした。子ども達を動員できて本当に良かったと思いました。

2010 年 7 月 27 日 火曜日

dscf5214ミネハハさん12曲目“天地をつなぐ物語”

dscf52121上段は、大宝保育園年長児と学童クラブの児童

今日は14時~16時、千代川公民館ホールで、ミネハハさんの歌声を年長児と学童の計52名が聴きに行きました。ミネハハさんはインドの貧しい子ども達のために学校を3校も設立して、約千人のお母さんになっています。歌を通して、貧しい子ども達のために学校の充実を目指して活動していらっしゃる方です。そういう固い決意があるので、各地に感動を与え愛の種まきができているんだと思います。学校給食もまだ1校しか実現していないので、今回のコンサートに際し、子ども達に、「みんなは恵まれているんだから、お小遣いの中から少しだけ募金をしよう!」と話したところ、みんな募金箱にお小遣いの一部を入れてくれました。なんと、一人も忘れる子がいなかったのです。しかも最後まで静かにしていられて・・・(写真下)。ミネハハさんのスタッフさんから、今まで子どもが来ていても30分程度しか持たなかったけど、今日の子ども達は最長記録だ、すばらしかったよと褒めて下さいました。

写真のステージのお花もすばらしいでしょう!(写真上)これは八千代町の美容師生井香代子さんが早朝から生けてくれたものです。子供達も含めて300名近く集まり、皆さん癒されたようで、至福のひと時でした。           来年5月7日(土)は、大宝八幡宮神楽殿において、ミネハハコンサートを予定しています。

2010 年 7 月 26 日 月曜日

dscf5207

最近、以上児のトイレの前を通ると、サンダルが必ず整頓されています。・・・午睡前の絵本の読み聞かせ後何かちょっとお話しをしています。例えば、うそをついてはいけないとか、誰も見てないだろうと思っても、神様はいつでも見てらっしゃる・・だとか、朝起きたら挨拶は必ずするんだよとか・・・。履物もきちんと揃える・・などなど・・・。先日、以上児がお布団に入った午睡直前のホールで、「あれっ!トイレのサンダルがきれいに並んでいる!」と言ったら、「○○ちゃんが並べてくれたよ!」すかさず「ありがとう!」というお友達。みんなで拍手をしちゃいました。子どもって本当に純粋!今日も「あっ!今日もきれいに並んでいる」と言ったら「今日は△△ちゃん!と××ちゃんがやってた」。時々はぐちゃぐちゃになりますが、でもきちんと揃っていることが多くなりました。★躾の三原則・・・①朝起きたら必ずおはようの挨拶。②呼ばれたら「ハイ」の返事。③履物を揃える。これができれば、大抵はまっすぐに育つと言われています。

dscf5195それから、昨日はわらべうた遊びランド主催の、とうもろこしを食べよう会が、騰波ノ江地区の、神明公民館で催されました。当園の子供達(卒園生含む)も10組程の参加がありました。暑い経験、虫がいたり、葉っぱの痒い体験も貴重な学びとなり、トウモロコシを収穫するばかりでなく、茎を、芋畑の芋と芋の間に草が生えないように運び、敷いてあったマルチ(ビニール)も全部はずし、畑をきれいにするまでの一連の作業を親子で行ないました。みんな良く頑張りました。汗を流した後のトウモロコシや麦茶は美味しかったですね!

このページの一番上へ