ふるさとだより


2010 年 10 月 22 日 金曜日

super size me は、2004年に公開されたアメリカのドキュメンタリー映画です。監督・出演はモーガン・スパーロック。スパーロック自身が一日に3回、マクドナルドのファーストフードだけを食べ続けたらどうなるかを記録したものです。この間、健康の為の運動はやめ、彼の身におこる身体的・精神的な影響について記録しています。さらに、スパーロックはファーストフード業界の社会的な影響を調査し、この業界が利益のために栄養を犠牲ににしていることを明らかにしたのです。

スパーロックは当時33歳、身長188cm、体重84.1kg,体脂肪率11%、BMI指数23.2(正常値はアメリカでは19~25。)と健康体で肥満ではありません。30日後、体重は11.1kg増え、体脂肪率は18%になり、BMI指数も27に。躁うつ、性欲減退、深刻な肝臓の炎症を起こしたそうです。といっても1日5000kcalをマクドナルドで摂った結果なので、尋常ではない食生活の結果といえます。

米国の女性2人が、肥満の原因はマクドナルドにあると主張し2002年に訴訟を起こしたのだそうです。この訴訟問題は、裁判所で却下され、マクドナルド側の勝利に終わったそうですが、スパーロックは、この非難はタバコ同様、ファースト業界にも当てはまるのではないかと指摘したことが動機のようです。

映画は2004年5月7日に公開(日本では同年12月25日)され、全米興業収益トップ10に2週間載るなど、ドキュメンタリー映画としては大変な成功を収めたようです。

食べ物がいかに大事か、スパーロック監督は命をかけて証明してくれました。すごい勇気がありますね。子ども達には安心・安全なものを提供しましょう。親は子どもの言いなりにならないことも必要です。

2010 年 10 月 21 日 木曜日

dscf5777dscf5778

今日はお芋ほりの予定でしたが、雨模様でしたので月曜日に延期することにしました。なので、石鹸作りができました。とはいえ、来月12日(金)にバザーに販売するには、遅すぎです。販売の際には1週間後以降に使ってくださいというメモをつけようと思っています。

用意するものは、苛性ソーダ、米のとぎ汁EM発酵液、EMセラミックス、廃油です。

苛性ソーダは劇薬(薬局で、印鑑を持っていかないと買えません。)なので、絶対に子どものいるところでは作りません。万が一口に入れたりしたら死ぬまでありますし、触っただけでも、完全に落とさないと、あれたりするので大変です。

苛性ソーダ(500g)をバケツにいれ、EMセラミックス(100g)と米のとぎ汁EM発酵液(1リットル)をよく混ぜたものを入れて、よく攪拌します。苛性ソーダが溶けたら、廃油(3.3リットル)を入れてかき混ぜます。マヨネーズ状態になったら、牛乳(園では牛乳パックがないので、ジュースパック)パックに流します。※古い廃油ほど早くマヨネーズ状になります。苛性ソーダは劇薬でアルカリが強いので、絶対に素手でやらない方がいいです。固まったらパックをはがし、適宜カットします。※硬くなりすぎると切れなくなります。切ったものは日陰で約1ヶ月置けば、出来上がりです。

EM廃油石鹸は、洗浄力がいいだけでなく、肌にもやさしく良質です。EM石鹸を使用した排水は、水を浄化する働きもあります。毎年大変好評です。楽しみにしていてください。

2010 年 10 月 20 日 水曜日

今日は十三夜です。今は重く雲が垂れ込め今にも雨が落ちてきそうです。おまけに寒いです。従って“ののさま”は見られるでしょうか?ののさまってわかりますか?いま私の隣を通った職員に聞いてみたら、「仏さまのことではないですか?」と。私は「お月さま」って思っていました。調べてみたら、“仏・神・日・月のように、尊ぶべきもの”を言うようです。お月様でもまちがいではなかったです。「ののさま」という響きが好きで、よく「ののさま」って、絵本でもお月様がでてくるとそう呼んでいます。さて、そんなこんなで、園庭の入口には写真のようなものを飾っています。年中児がお団子作りをするにあたり、栄養士がお便りでお願いをしたら、お母さん方が早速ススキを採って来て下さいました。なので、お団子と秋の味覚をともにお供えしています。dscf57731お団子作りの様子は後日、機会があったら栄養士がブログに載せてくれると思いますが・・・。それまで想像して待っていて下さい。

実は今日は、読売新聞の編集手帳に、昨日のブログに関連したことがあったので、それを披露しようと思っていましたので、これからが本題になります。

《永井荷風が東京・銀座の洋食店に入ると、先客に子供連れの一家がいた。躾(しつけ)がなっていない。昭和8年の日記にある。■<子供は猿の如く、室内を靴音高く走り回り、食卓の上に飾りたる果物草花を取り、またはナイフにて壁を叩く。>親は周囲の迷惑顔もどこ吹く風、叱りもしない。荷風は驚いた。<今の世の親達は小児のしつけには全く頓着せざるが如し>■してよいこと、悪いことのけじめを教わらなかった子供は、どうなっただろう。恐らくはロクな大人に育たず、親を泣かせたに違いない。■趣旨が[反日]であれ、何であれ、デモはしてよいことである。暴徒化し、日系企業を襲撃するのは、して悪いことである。そのけじめを教えず、実行犯を本気で摘発しようとしない中国当局は洋食店の親と変わらない。暴徒の標的が党本部や官庁に移ってから躾を始めて間に合うとでも思っているのか。乱暴狼藉(ろうぜき)の放題は、市民に政権転覆の予行演習をさせているのと同じであることに気づいていない。■俗に<三つ叱って五つ褒め、七つ教えて子は育つ>叱らずに、最後に泣くのは親である。

2010 年 10 月 19 日 火曜日

午後、下妻保護司会の研修会がありました。検察庁の副検事さんを講師にお招きして、講話というより、保護司と検察庁とは、直接のかかわりは普段ないことから、活発に意見の交流がなされ、まだ新米の私は聞き手に専念していました。一般に少年院や刑務所に行くような犯罪ではない場合、保護観察といって、保護司のところに定期的に通うことになっています。保護観察中の青少年は、先ず「約束の時間を守らない」「うそをつく」ことが多いようです。それと、親ですら子どもの居場所が分からず、数日間家を空けることなど平気なのだそうです。朝ごはんは食べさせてもらえない・・といった家庭の子に圧倒的に多い・・と言うようなことも話していました。これらの教訓から、「約束を守る」「うそはつかない」「行き先を告げる」はきちんと教えていくべきでしょう。それと、悪いことをしたら、学校の先生でも、親でも、手を出しませんよね。だから、何をしても平気になってしまっているんではないでしょうか・・・。殴れとは言えませんが、本当に悪いことをして、正そうと思ったら、自分の子には叩いてでも直って欲しいと思うのが親心ではないでしょうか・・・。信頼関係ができていたら、子どもは叩かれても、怨まない筈です。私の場合は、叩かれた記憶はありませんが、「誰もいない薄暗い(くら)」に入れられた記憶はあります。タイムアウトといって、お仕置きには効果的のようですよ。入れたのを忘れてしまったら逆効果ですけどね!

それから、今日の検察庁の副検事さんは、とにかく謙虚で思いやりのある、人間味あふれる方でした。罪を犯した青少年に、「先祖に感謝して、お墓参りには行くんだよ」「何にでも感謝をすることを忘れてはダメだぞ」「食事の前には必ずいただきますを言うんだぞ」などをよく話して聞かせるそうです。「いただきますの意味は、食べ物の命を戴いて自分の命を繋いでもらうんだから、きちんとあいさつをするんだぞ」・・などと納得をするように話してあげるのだそうです。ただ怒鳴るだけでは効果はないですからね。また、今のTVは悪ふざけのような番組が多く、頭を平気で叩いたりしているが、こんなのを小さいうちから見ていたら、そういうことが平気になってしまう。TVは選んで見るようにして、見ないときは消すことです。

折に触れて、子どもにはきちんと目を見て話してあげる時間を取れるといいですね。私は午睡の前に時折話していますが、子ども達は良く聞いてくれています。1回では覚えられませんから、根気よく何度でも繰り返し繰り返しが大事です。おしまい。

2010 年 10 月 18 日 月曜日

16日(土)は9時から運動会でした。11時半過ぎまででしたが、たくさんの感動がありました。ご両親のみならず、祖父母様、卒園生、未就園の子ども達・・・、ほんと、たくさんきて下さいました。大勢だったから、盛り上がりました!とっても嬉しかったです。子ども達の笑顔を見ながら、たくさんの愛を感じ、幸せを感じました。子ども達に感謝です!

 dscf5770

その夕方5時から、サンビーチの芝生の広場でキャンドルナイトの点灯式がありました。写真は5時20分頃に撮影したものです。薄暮でも十分きれいでした。半分に切ったペットボトルに水を1/4程度入れ、ろうそくが浮かんでいました。このろうそくは5時間ほど持つのだそうです。ペットボトルのキャンドルの周りに黄色や水色の画用紙が巻いてありますが、これが子ども達が描いたものです。夏至と冬至の夜8時~10時まで電気を消して、少しでも温暖化に歯止めをかけよう!という試みです。つまり環境の問題は一人ひとりの心がけから始まるのです。小学生や中学生くらいまでは、夏至と冬至といわず、可能なら毎日でも8時に電気を消すことは理想かも・・・。昼間は上からの光、夜は下からの光が望ましいとか・・・。

てんつくマン(吉本興業のお笑い芸人から転身、この世を天国にするという志をもつ)さんからのメッセージ。

「僕らはすぐに「しょうがない(笑がない)」と言ってしまいがちです。選挙にいってもしょうがない。ゴミを1つ拾ってもしょうがない。環境も教育も農業もしょうがないって。それを僕は「やってみま笑」に変えたいんです。

毎日1人がたった1個ゴミを拾うだけで、日本からゴミが消えると思います。みんなでちょっと動いたら本当に変わるという自信を持ったとき、オセロの色が一気にひっくり返るように、世の中が変わる瞬間が来ると思うんです。

気づいていて何もやらなければそれは無力。何年たっても何も始まらないし、何も変わらない。でも微力ながらでも続けていれば、理解者も出てきて少しずつ広がって、やがて大きな力になると思うんです。」

可能性を信じて、先ず、自分の身の回りのできることから、行動を起こしてみませんか?

このページの一番上へ