ふるさとだより


2011 年 2 月 28 日 月曜日

昨日は晴れただけでなく、寒くなく、暑くなく、ランナーにとっては絶好のマラソン日和だったろうと思います。私もかつてはフルマラソンの大会に出ていたので、関心があります。昨日のようなお天気なら走りたいとも思いますが、去年、小雪舞う天気の中、近くの元保護者が大会に出場して、低体温になったしまった(それでもタイムは3時間台)・・ということを伺い、悪天候だったら取りやめる・・・なんてことをしたら、応募に外れた方に申し訳ないですから、応募はしません。それにしても、今年で5回目のこの大会は、年々参加者が増えて、3万5000人もの参加者とは大盛況です。

 全体で3位になった、埼玉県の高校の事務職員をしている川内さんという方は、市民ランナーなのにすばらしい成績を残しました。フルタイムのお仕事をされていて2時間8分台というプロ並みのタイムには驚きです。    又、車椅子で3位に入った福岡県の山本さんと言う方は、ヘルメットと車椅子に「STOP!飲酒運転」と書いたステッカーを貼っていたそうです。それは、今月9日に彼の16歳の息子さんが、飲酒運転の車にはねられ亡くなったからだそうです。山本さんは長男を亡くされた後は練習もままならず、出場も迷ったそうですが、「東京の修学旅行を楽しみにしていた息子と一緒に走ろう」と決意し、しかも3位でフィニッシュしたのです。山本さんは「ここが東京だよと、語りかけながら、息子と散歩しているつもりで走った。完走できたのは、息子が背中を押してくれたから」だそうです。何と感動的なのでしょう!私も大会で感動をたくさん得たことがありましたが、日々の保育の中でも、子ども達のお陰で、多くの感動体験をさせてもらっています。

2011 年 2 月 25 日 金曜日

dscf6523

dscf6527

ふるさと博物館では27日(日)まで、お雛様が展示されています。まだ見ていない子ども達が殆どだったので、年長児のみですが、10時過ぎから、2班に分かれて行って来ました。明治・大正時代のものから新しいものまで、段飾りあり、つるし雛、貝雛、御殿雛など、様々な種類のお雛様が展示されています。

年長さんともなると、静かに見られるし、隣の常設展も見たいと言い、昔の家や道具等の展示や、詩人横瀬夜雨のことなども、意欲的に見られるようになっていて嬉しく思いました。

2011 年 2 月 24 日 木曜日

dscf6512

dscf6515ファスナーとボタンかけ

cimg0033

cimg0034

昨日は、ご年配のお二人(実は、私の母とお友達)に、こんな素敵な手作り教材を作っていただきました。早速今日の指先の時間に試してみたところ、ファスナーは簡単なので喜んで取り組み、ボタン掛けは少し難しかったので介助を必要としましたが、飽きることなく楽しむことが出来たようです。ボランティアさんに感謝です。(120%の環境を用意する。つまり、ちょっと難しいものに挑戦することも大事なのです。)

今後も月に2~3回、時間を設けて、作って頂こうと思います。もし、こういう試みにご協力いただける方がいらっしゃいましたら嬉しいです・・・。作業の日にちと場所をその都度お知らせしたいと思います。

2011 年 2 月 23 日 水曜日

dscf6486校長先生のお話を聞く年長児と1年生

dscf64871年生と年長児が一緒のグループで自己紹介。

dscf6495コーナー遊びの1つ。ドッジボール。

dscf6505風船遊び

10時半~11時半を大宝小学校(主に体育館)で過ごしました。年長児は、当保育園のみならず、大宝幼稚園や他保育園児も一緒に集まりました。1年生は1クラスですが、新1年生は2クラスになるそうです。1年生がよく年長児をリードしてくれて、成長を感じてきました。このあと、校舎内を一回りさせてもらって帰ってきました。冠は1年生からの手作りプレゼントです。小学校に期待感を持ってくれたと思います。

下の写真は、本日のいばらき新聞の記事です。倒れ込んで取っている男の子が、未就学児の部で1位になった当保育園の“大宝ボーイズ”のひとりです。このように身体を張って取り組んだからこそ勝てたのですね!集中力も凄かったです!

dscf6481

2011 年 2 月 22 日 火曜日

dscf6468

dscf6476

dscf6478

今日は、ラ・ポール下妻のお誕生会でした。従来ですと、節分の日に伺っていたのですが、当園の豆撒きもあるので、本音を言うと大変慌しかったのです。が、今年は、ラポールの施設長さんのご配慮で、節分をはずしてくださいました。

今日は、ポカポカの3月中旬(?)の陽気でしたが、館内は4月中旬でした(暖かく乾燥しているので、笛は吹きにくかった・・・)。 

子ども達はあまり練習していませんが、堂々と舞うことができました。入所者の皆さんは本当に心から喜んでくださり、演技後、子ども達が、おひとりおひとりと握手を交わしてきました。子どもが手を握ると、みんな笑顔笑顔・・泣き出す方も(②)・・・。子どものエネルギーって本当に凄い!と、あらためて感動しました。私達は日々子ども達と過ごせることに感謝しなければと思わずにいられませんでした。最後の写真(③)は最年長の102歳のおばあちゃんと記念撮影!

このページの一番上へ