お知らせ


2011 年 3 月 31 日 木曜日

4月1日配布の園便りに紹介していますが、チャリティーバザーについて保護者(親子交流会有志)から下記の案内を頂きましたので、紹介致します。園としましても、合同で出来る方向で思案中です。放射能汚染の問題が早く解決してくれることを祈る毎日です。

 

大宝保育園 保護者の皆様

親子交流会について

平成23年4月

 

 ご入園・ご進級おめでとうございます。新入園の方は、新しい生活に希望と不安の毎日とお察ししますが、親子共に慣れるまで少しの間の辛抱ですので、なんとか乗り切って下さるよう、応援しております。

 

さて、大宝保育園では近年、保護者会としての活動はほとんどなく年に一度、奉仕作業や行事のお手伝いなどの割り当てがあるのみとなっております。これは、忙しい私達の負担のないようにと、先生方のご配慮によるものです。

しかし、送り迎えや行事で会わない限り保護者間の交流はほとんどなく、残念だという声があり、数年前より保護者間の交流の場として、有志の方々で自主的に試行錯誤しながら活動をして参りました。

 本年度も、昨年の交流会に関わった人を中心に、改めて希望者の方を募り、検討しながら活動して行こうという事になりました。親子交流会についての情報は、保育園のHPの「お知らせ」の欄を利用させて頂ける事となりましたので、興味のある方・ご賛同いただける方は、そちらを随時ご覧頂けます様お願い致します。

 

継続児の保護者としてアドバイスさせて頂くと、保育園のHPをご覧いただくと園での子供達の様子を知る事ができます。そして、保育園の玄関に「みんなの声」という緑色のポストがあり、ご意見やご要望などを投函することができます。また、直接言いにくい事などは、メールでも対応して下さいます。

大宝保育園は先生方のご尽力で、今を生きる子供たちに必要な事を日々勉強され、常に新しい事を積極的に取り入れて下さっています。これらの取り組みには保護者の方々のご理解とご協力が必要となりますし、先生方や保護者間の信頼関係を築いてゆくことは、子供たちにとって楽しい保育園生活につながってゆくと考えています。

先生方は育児の大先輩ですので、困った時はいつでも相談にのってくださいます。親子交流会としては、HPや掲示板、園便りなどを活用させて頂き、お忙しい保護者の方々に合わせたコミュニケーションの場を作るお手伝いができればと考え、活動して参ります。

皆様のご理解・ご協力いただけますよう、よろしく御願い致します。

 

 

「チャリティーバザーについて」

今年度最初の活動として、東北関東大震災の被災者の方々へ義援金送る為の、チャリティーバザーを企画しております。詳しい事はまだ決まっておりませんが、スタッフを募集しますので、ご興味のある方は、HPのお知らせをご覧下さい。

日程は未定ですが、5月中旬頃のお迎えの時間頃~予定しております。詳しくは追ってお知らせしますが、バザーにご提供いただけるものがございましたら、ご用意いただけるとあり難いです。また、今回は義援金を送る事が目的ですので、こちらで処分に困るような物はご遠慮頂きます様、御願い申し上げます。

 

親子交流会 有志一同

2011 年 3 月 31 日 木曜日

給食の時間になると、お当番さんがお汁とお箸の配膳を行います。

新年中さん、年少さんは、各テーブルの人数を数えるのがまだ難しいようですが、新年長さんが優しく教えてくれます。

p1060531

 

おかずの量は、自分で食べたい量を伝え、苦手な物でも少しずつ挑戦します。

p1060533

 

年少さんでも、自分で食べられる量を考え、おかわりできるんですよ。

p1060545

 

子ども達から「お魚、さっぱりしていておいしい!!」という声も聞こえ、和気あいあいとした給食の時間でした。

p1060539

                                                      平成23年度めろん組  新任 小島千鶴:記

2011 年 3 月 30 日 水曜日

img_0684

img_0686

寒さもひと段落し、春を思わせる陽気になってきました。本来なら、コーナー遊び、参拝の後に、思いっきり園庭遊びや散歩などを楽しめる時期なのですが、

原発による、放射能汚染が心配され、大震災後、子ども達は園内で過ごしています。室内遊びだけでは、力が有り余ってしまう子ども元気な子ども達です。

できるだけ、コーナー遊びに変化をつけたり、広いホールを活用し、クラスで順番に、遊びを楽しんでいます。ホールでは、トランポリン、鉄棒、石渡り、鉄棒等

々。

子ども達は、「今日はホールに行くのは何番目?」と、聞いてくるようになり、ホールでの遊びが日常化しつつくあります。外で、子ども達の元気な歓声が聞こえてくるのは、いつになるのでしょうか?被災地の復興と、原発の問題が解決することを、祈る日々です。

img_0687

img_0693

img_0689

ちえ:記

2011 年 3 月 29 日 火曜日

p1060525

p1060527

今日の指先の時間は、折り紙でおたまじゃくしを作りました。

所々難しかったり、分からなかったりすると、卒園生や年長さんが年少さんに教えてくれる姿も…。おかげで「出来な~い!」「どうやるの?」という声もなく、おたまじゃくしが完成。みんな自分のおたまじゃくしを眺めてニッコリ☆優しく、優しくされて子ども達の心も成長していってくれればと思いました。     吉田:記

2011 年 3 月 28 日 月曜日

 東京では桜が開花とか・・・園庭の桜のつぼみは、まだまだかたいようですが・・・、すいせんやこぶしの花が、早春の景色を彩ってくれていますね。

dscf0001 dscf0004dscf0005

今年度もあと3日・・・給食が再開できましたが、食材の都合上、予定とは少し変わり、日々お知らせしています。

dscf0009 今日のメニューは・・・

「 さんまの竜田揚げ・金時豆煮・きゅうりの浅漬け・清見オレンジ・豆乳入り野菜味噌汁 」・・・おやつは、お好み焼き・ヤクルト でした。

避難生活を送られたり、復旧作業に従事されている方々のことを考えると、食に恵まれていることに感謝ですね。

 小学校も春休み・・・お弁当を持参し、学童クラブも賑やかになりました。今日は、お昼のお弁当の時間にちょっとおじゃましてみました。さすが、小学生!自分でお弁当をつめてきた子や、汁物いりのお弁当や、中学年の男の子は量もたっぷり!・・・・と、保育園のお弁当とは違った様子を見させていただきました。

dscf0010 dscf0011

dscf0012 dscf0013

 しばらく前、人参のへたと三つ葉を、水につけておきましたら、きれいな緑の葉っぱが出てきました。まさに、「生長点」ですね・・・力づよさを感じました。 

 dscf00071 dscf00081

一日も早く、今の状況が落ち着いて、暖かい春風のもとで、思い切り遊ばせてあげたいですね。  栄養士  箱守 美智子   

このページの一番上へ