ふるさとだより


褒めることの大切さ

『知致』特集「人生を支えた言葉」にこんな素敵な内容があったので紹介します。

ーひろはまかずとし(言の葉墨彩画家)氏ー
「実は私は、子どもの頃から字が下手でした。 普段書く字はもちろん、書道も絵も、 通知表の評価ではいつも1か2でした。

そういう人間がいま、言の葉墨彩画家として たくさんのファンの方々に恵まれ、一定の評価を得ています。
書家や画家の方から一度も非難を浴びたこともなく、 むしろそういう人たちの中にも私のファンの方がいます。
この事実は、とても大きな教訓を含んでいると思うのです。

中学時代のある日のことでした。
国語の先生がお休みで、代わりに教頭先生が 授業を受け持ってくださったことがありました。
教頭先生は「きょうは習字をやろう」とおっしゃり、 字の嫌いな私が憂鬱な思いを抱いていると、 教頭先生は半紙を一人二十枚ずつ配り、
「横棒の一だけを書きなさい。一に決まりはないから、何も考えずにあなたの一だけをひたすら書きなさい」 とおっしゃったのです。

教頭先生は黙々と書き続けている生徒の周りを回り、 各々の字を褒めては頭を撫でてくださいました。
私はその時間中に三十回くらい頭を撫でられました。
文字で褒められたことのない人間が、 一という文字を書いただけで褒められた。
私にとっては、目から鱗が落ちるような嬉しい体験でした。
教頭先生は授業の終わりにこうおっしゃいました。
「文字はすべて、この一の組み合わせなんだよ。 だから、素晴らしい一を書ける人間に  素晴らしい字が書けないわけがない。
書けないのは、格好いい字を書こうとか、 見本通りに書こうと思うからで、 一本一本思いを込め、愛を込めて書くだけで、
自分にしか書けない素晴らしい字が出来上がる。 このことは、人間の生活すべてに 当てはまることなんだよ」

その教頭先生の言葉がいまの私の創作活動、 そして人生を支え続けてくれているといっても過言ではありません。」

このページの一番上へ