ふるさとだより


2011 年 12 月 28 日 水曜日

今年、震災及び放射能汚染というかつて経験したことのない災害に見舞われました。東北に比べたら、こちらは大したことはありませんでしたが、それでも当園にとっては、大きな転換があったのです。震災直前には、園庭の東側に新園舎建設を予定していたのです。ところが震災があってすぐに、辞退をしてしまいました。それは多額の補助金を東北に使ってもらった方がいいととっさに考えたことと、文化財保護地区のため、建物の基礎を僅か50㎝しか掘ってはいけないと文化庁から言われていたことがあったためです。しかし、間もなく現園舎の暖房の配管が壊れてしまって使えなくなってしまったことなどがあり、今の園舎を耐震化しながらリフォームできないかという考えが湧いてきて、再度申請をするに至ったのです。しかし、文化庁の許可がなかなか下りず、やっと12月に下りたため来月からの着工に至ったというわけです。こんな時期だからこそ、今ある建物を利用できるところは利用して、リフォームすることの方がやはりよかったのではと思っています。

保育をしながらの工事になるので、手狭な環境になってしまいますが、それでも工事中の体験はきっと良かったと思えるようになると思います。子どもは順応性は高いし、たとえどんな環境からでも工夫が生まれてくると思うのです。東北の人たちの仮設住宅生活に比べたら、何でもできると思うのです。ですから、今回の震災の体験は、必要なことだったのかもしれません。こう考えればよかったのだと思えます。

今年の保育は今日で終わりましたが、来年は竜の年。私は竜が大好きです。完成の際には竜の置物を玄関ポーチに置く予定で製作を依頼しています。当八幡宮には竜の伝説もあるし、竜神様も守って下さっています。その竜の年に保育園が新たに生まれ変わることは、やはりシンクロニシティーだと思っています。

・・・理解ある保護者に恵まれ、やる気のある職員に恵まれ、本当に仕事がしやすい環境であると思っています。そして、素直な元気な子ども達に囲まれて今とても幸せです。今年一年間本当にありがとうございました。感謝!

皆様がご健康で、良い年を迎えられますことを心よりお祈り申し上げて今年最後のブログとさせていただきます。

2011 年 12 月 27 日 火曜日

今年も残すところあとわずか・・・。今年の保育はどうだったかと、自分に問うてみる。当園の職員のタイムカード脇には以下の“三省”を掲げています。

・子どもの存在を丸ごと信じただろうか。

(子ども自ら“育とうとする力“を持っていることを信じ、子どもといえども立派な人格を持った存在として受け入れることによって、見守ることが出来るのです。)
・子どもにまごころを持って接しただろうか。
(子どもを見守るということは、人格が伝わっていくということを理解し、偽りのない心で、子どもを主体として接することです。)
・子どもを見守ることができただろうか。
(子どもを信じ、真心を持つことで、初めて子どもを見守れるのです。)
さらに“躾の三原則”として、①朝のあいさつ ②ハイの返事を元気よく ③履き物をそろえる。
このようなことを常に意識していないと、ポイントがずれてしまう。
外見だけ整えても、やはり“心を豊かに”育てられないといけない。モノと心を調和させ両輪にして走ってこそ本当の成功につながるというのを聞いたことがあるが、その通りだと思う。日本人は昔から自然と生命を分かち合い、一体感を持ち合わせて来ている民族だ。そして地球は太陽、月をはじめ宇宙のあらゆる命と繋がって生きている。その中で、畏敬の念、感謝の心、報恩の心が培われていくのだと思っている。
日本は、この大震災を経験したが、世界の世論を見ると、世界のベストカントリーのひとっつとして評価されているそうだ。教育も医療も経済も科学技術も世界のトップクラスはいうまでもないが、特に、自然と調和し自然を敬ってきたことが素晴らしいことだと思う。しかし、問題は日本人自身の自己評価は世界でなんと90位なのだという。
日本は素晴らしい国だということを、子ども達に伝えていかなければならないと思う。
来年は、もっとこんなところにもスポットを当てて子ども達に接していきたいと考えている。
2011 年 12 月 26 日 月曜日

両サイドの門松としめ飾り。   去る、23日(天皇誕生日祝日・金)は文化会館にて劇発表会をしました。乳児~異年齢クラス、そして職員まで、午前中いっぱい全員が頑張りました!小さい子たちは出るだけでもかわいかったし、大きい子たちはセリフもしっかり言えて、みんなで協力しながら一つの劇を作り上げることができて、すごい成長を感じた瞬間でした。それにしても子どもの力って凄いですね。会場は初めての場所なのに、ぶっつけ本番に強くて、当日の出来栄えが一番よかったんですから・・・・。大勢の保護者の皆様にご来館賜り誠にありがとうございました。

・・・さて今週はお正月に向けて準備をする週です。宮内女職人が中心になって、今日は寒い中、園庭で門松作りに励んでくれました。門松の上方(写真)には、笑う門には福来りの“笑門”の札のかかったしめ飾りが掛けられました。玄関ポーチには獅子舞も・・・。

そして、明日はお餅つきです。毎年地元大宝の市村さんから、うすと杵をお借りするのですが、ただ借りるだけでなく、つき方までやって下さるのです。3人のお孫さんが卒園してしてしまった今でも来てくださっています。もちろん明日もです。大きい杵とうすでつくのを見て、子ども用の杵とうすで実際につき、おやつに戴いて、神棚用のお供えも作って・・・・。

新しい年に備えて、みんなで力を合わせることは楽しいことです。子ども達にとってもひとつひとつ経験を積んで、新しい年を迎える日本の伝統を肌で感じてもらえたらいいと思います。

2011 年 12 月 22 日 木曜日

例年ですと発表会は、一年の成長を見て頂く総仕上げの意味で、2月中旬に行ってきました。・・が、今年は大規模修繕を控えていて迷いに迷いましたが、結果的には年内に実施することは良かったと思っています。来月からは、使えない保育室がでてきたり、事務室もかなり手狭になってしまうのです。きっと発表会どころではなかったでしょう。やっぱり神様はついていてくださっています。

発表会というと、みんなそろってのお遊戯を連想される方が多いと思いますが、当園では各クラスオリジナル劇を発表します。劇はみんなで協力しないとできません。一人一人が主役です。相手のセリフを聞いて、自分のセリフを言い、一つの劇を作り上げていきます。コミュニケーションも要されます。文化会館でやるのは勿論ぶっつけ本番です。どんなことになるかは神のみぞ知る・・・。毎年子ども達の頑張りに刺激されて、職員の出し物も頑張ってやらなくては…と思います。どうぞお楽しみに・・・。

・・・そして、今日は冬至です。古来よりカボチャを食べて柚子湯に入るという習慣がありますが(お知らせ版に本日の給食にこんにゃくの柚子味噌・おやつにかぼちゃのきな粉和えを書きました)、今夜はゆっくりと柚子湯に浸かり、カボチャを食べて無病息災で元気に1年を終えられますようにお祈りいたしましょう。

 

2011 年 12 月 21 日 水曜日

EM畑の吉田俊道先生よりのメッセージを紹介します。

「加工食品の落とし穴
便利快適の世の中、食品も随分便利になりました。

冷凍食品にカット済み野菜。
最近は、豚汁の具、うま煮の具として、いろんな野菜が最初からカットされて真空パックの水の中に入って売られています。
もう包丁なんていらないね。

実はそこに重大な落とし穴が。
私が食品分析会社に調査を依頼したところ、キャベツを千切りにして、たった30分水に漬けただけで、
水溶性のビタミンは3分の2が、不溶性のミネラルも3分の1が流失することが判明しました。

こんなに流出していたなんて、想像を超えていました。
これでは野菜を食べたつもりで、一番大事な生命力の源泉は実際は何も食べていなかったのです。

最近、加工済み野菜の輸入がどんどん増えています。
横浜の港は、塩漬けの竹の子や人参などが、樽に入ったまま常温で保管されていました。
あれを塩抜きした時、ミネラルはおろか、色まで抜けてしまって、もぬけの殻が残ります。
それに、色と、化学調味料で味をつけて、食品ができます。

そんな、水煮食品が、安い弁当、安い外食、給食施設で常用されています。

みなさん、地元の直売所で生きている姿のままの野菜を買って調理していただきましょう。」

・・・ということです。体は食べ物からつくられます。食べたものからでしかつくられないのです。幼児期こそ気を付けたいですね。買うよりも、生ごみリサイクルで野菜が作れればベストですけど・・・。

このページの一番上へ