ふるさとだより


ある小学6年生の作文

「僕の夢は一流のプロ野球の選手になることです。そのためには中学・高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。活躍できるようになるためには練習が必要です。僕は3歳の時から練習を始めています。3歳から7歳までは半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは365日中360日は激しい練習をやっています。だから一週間で友達と遊べるのは5,6時間です。そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。そして、その球団は中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。ドラフト入団で契約金は1億円以上が目標です。僕が自信があるのは投手か打撃です。

去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、打撃では県大会4試合のうちホームラン3本を打ちました。そして全体を通した打率は5割八分三厘でした。このように自分でも納得のいく成績でした。そして僕たちは1年間負け知らずで野球ができました。だからこの調子でこれからもがんばります。

そして、僕が一流の選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも夢の一つです。とにかく一番大きな夢は野球選手になることです。」

この作者は愛知県西春日井豊山小学校6年2組鈴木一朗、つまり現大リーガー、イチロウの子ども時代の作文です。小学校6年からこんな一途なしっかりした夢を持ち、お世話になった人に招待券を配るなどという報恩の心を持つ・・・等ということにとても感動したので載せてみました。

このページの一番上へ