ふるさとだより


小学校の集会へ

市内の下妻小学校から「夢いっぱい」集会の案内を頂いていたので、これまた小学校との連携に役立つことかと思い、昨日行ってきました。

卒業式には5,6年生しか参列しないということなので、全校生徒が集まる、所謂「6年生を送る会」がこれなのだと思いました。(インフルエンザなど下火にはなってきましたが、マスク着用の先生や生徒が圧倒的に多かったです。)

各学年ごとに歌や合奏などの演技が繰り広げられ、小学生たちの精一杯の演技はとても感動的で、就学してからの成長はずいぶん大きいものだとあらためて感じました。

演奏者もさることながら、観客の方も静かに見聞きできて、とても落ち着いていました。先生方が私語がないから、子ども達もそうであるのだと思いました。ギャラリーには保護者(恐らく6年生の)も多数来ていたのですが、私語は殆どなかったです。(巷では、授業参観での保護者の私語が多くて困るという苦情を聞いていましたので・・・)

それにしても一日雨だった昨日は寒かったですね。今日は午後から気温がずいぶん上がっています。工事の方は、浄化槽埋設のためのコンクリートが流されています。

このページの一番上へ