ふるさとだより


2012 年 4 月 27 日 金曜日

麹の発酵パワーを調味料という形で手軽に食卓に取り入れられる「塩麹」。最近使っている人が多いのではないでしょうか?保育園でも時々使っています。食材のうまみを引き出すだけでなく、免疫力を高め、インフルエンザや花粉症などにも効果が期待されています。味噌や醤油、酒、みりん、酢、納豆・・・と、日本食文化の柱をなす発酵食品を作り出す麹菌です。

酵素は身体に有益な働きをする腸内の善玉菌を増やし、病気にかかりにくく、かかっても軽症で済むなどの免疫力を高め、さらに体の酸化(老化)を防ぐアンチエイジングや、放射線で傷ついたDNAの修復を助ける等の効果も注目されています。

麹菌が生み出す酵素は、でんぷんをぶどう糖へと分解し、たんぱく質を旨み成分であるアミノ酸へと分解します。この働きによって食品の旨みは増し、柔らかく消化の良い状態に変わるのです。また麹菌は、発酵過程でビタミンB1、B2、B6、ナイアシン等、健康維持に不可欠な様々なビタミンも作り出してくれるといいます。

こうした効果を手軽に取り入れられるとして人気を集めている塩麹ですが、材料は、米麹と塩と水だけ。野菜にもみこんで漬物にしたり、ニンニクやトマトと和え、イタリアン風のソースにしたり、ごま油とおろししょうがを加え,タレにするなど、和洋問わずアレンジを楽しめます。手軽に購入できますが、材料にこだわって自分で手作りした方がより安心安全です。

【材料】米麹300g、塩100g、水300g   【作り方】①ボウルに麹を入れてほぐしてから、塩を馴染ませる。②①に水を入れる。③保存容器(ガラスかホウロウ)に移して常温に置き、1日1回かき混ぜる。④7~10日後に指先で粒をつぶして芯がなければ出来上がり。⑤冷蔵庫で保存する。

2012 年 4 月 26 日 木曜日

 今日は仮厨房を紹介します。2歳児~以上児のオープンスペースの一番奥(西側)にあるのが、この仮厨房です。結構広くて、まだどこに何を片づけたかが分からないものがある時、端から端まで探してしまったりすると、とても良い運動になっているようです。

毎日子ども達の声を聴きながら、工事の音を聞きながら、窓からは神社の杜に癒されながら、美味しい昼食やおやつを作ってくれています。

子ども達も時々厨房を覗いたり、包丁や食器の音を聞きながら、匂いをかいだり・・・。厨房が近くにあるっていいですね。

・・こんな具合に仮厨房とはいえ、お互いに良い刺激になっています。

ちなみに、今日の厨房では何を作っているところかと言いますと、おやつの“五平餅”です。仮厨房では、油分をあまり流せないこと等少々制約がありますが、栄養士他調理担当の人たちも毎日頑張ってくれています。作物を作ってくれる人、調理をしてくれる人、いろんな人のお蔭で私たちは生きていけるのです。あらためて感謝しなければなりませんね。

2012 年 4 月 25 日 水曜日

本日、外遊びの時間に以上児用(3~5歳)の新しいロッカーが入り、従来のツギハギロッカーに比べたら大変スッキリとしました。

 カバンを収納するところの他に一人2つずつの引き出しがあります。はさみやクレヨンなどのお道具箱用と着替え用です。引き出しの丸い穴には個人別の写真が入れられるようなっています。

今後、整理整頓はもとより、より主体的な活動が展開できるようになると思います。

おやつの時間の一コマですが、班ごとに会話も弾んで、楽しそうでした。

2012 年 4 月 24 日 火曜日

 昨日の毎日新聞に「キレる子対策 乳幼児期から」というタイトルで、従来の教育現場から効果が上がらないとの声があがり、文科省は近く、乳幼児期の教育等から対処法を考える有識者会議が発足されることになる・・とありました。

その中で、「生まれてから5歳くらいまでにその原型が形成される」と指摘、「乳幼児期の適切な環境とコミュニケーション、愛情、教育が大切」としていると書かれています。

・・従来4月の時点では、年長の仕事であった、この“雑巾干し”。仮の事務室と2~5歳保育室の間の狭いスペースしか干し場がないのですが、3~5歳の班毎の活動として昨日から開始しました。年長児のやり方を見て年中・年少児も真剣そのもの。年中・年長のやさしい声掛けも・・・。やさしくしてもらった経験は、年長になってさらに生かせるようになります。

・・・こんな小さな積み重ねが大事になってくるのだろうと、思っています。

2012 年 4 月 23 日 月曜日

今日は、成田奈緒子先生(毎年1回、講演会の講師として当園に来て下さっていて、今年は9月11日(火)に予定しています。)の新書を紹介します。先週は夜8時からの教育TVにVTR出演されていました。

左の著は、第1章脳のつくりとは 第2章乳幼児の脳育てを間違っていませんか? 第3章セロトニン神経を育てれば大体うまくいく 第4章脳育て失敗した?大丈夫、つくり直せます 第5章発達障害も脳とこころとからだのバランスで考える  の構成でわかりやすく、ところどころにイラストがあり、寝かしつけ方等のコラムがあったり・・・。なんと当園の午前寝のこともちょっと紹介されています。今すぐ役に立つ本です。1800円税別

右の4冊は、年齢別の親子で楽しむ絵本です。1180円(税別)

 ※保護者の方は園でまとめて購入しますので、ご希望の方はスタッフまで。

このページの一番上へ