ふるさとだより


仮厨房紹介

 今日は仮厨房を紹介します。2歳児~以上児のオープンスペースの一番奥(西側)にあるのが、この仮厨房です。結構広くて、まだどこに何を片づけたかが分からないものがある時、端から端まで探してしまったりすると、とても良い運動になっているようです。

毎日子ども達の声を聴きながら、工事の音を聞きながら、窓からは神社の杜に癒されながら、美味しい昼食やおやつを作ってくれています。

子ども達も時々厨房を覗いたり、包丁や食器の音を聞きながら、匂いをかいだり・・・。厨房が近くにあるっていいですね。

・・こんな具合に仮厨房とはいえ、お互いに良い刺激になっています。

ちなみに、今日の厨房では何を作っているところかと言いますと、おやつの“五平餅”です。仮厨房では、油分をあまり流せないこと等少々制約がありますが、栄養士他調理担当の人たちも毎日頑張ってくれています。作物を作ってくれる人、調理をしてくれる人、いろんな人のお蔭で私たちは生きていけるのです。あらためて感謝しなければなりませんね。

このページの一番上へ