お知らせ


「いちご組保育室」ちょっと変身!?

4月に新しい「いちご組」がスタートしてから、早いもので2ケ月が過ぎようとしています。

2ケ月といっても、日々違う姿を見せてくれるいちご組さん達は

つかまり立ちをしてちょっと手が離せるようになった子、ずりばいで移動できるようになった子

うつ伏せでもおててを出して遊べるようになった子、寝返りがゴロンとできるようになった子と

それぞれ一日一日変化を見せてくれています。

そして、今のところ学童さんのお部屋をお借りしてる「いちご組保育室」にも変化がありました。

先週の末に、部屋のサッシ戸のところに、柵をつけてもらいました。

お外を見ることが大好きな子ども達ですが、今まではサッシ戸を開けてお外を見せてあげたいけれど

乗り出すと危ないので、サッシから離れたり、抱っこしながらの「限定」つきの、サッシ戸オープンでした。

しかし、今は登園時より、サッシを開けた状態でいられるので、子ども達はサッシの側で、

思う存分お外の景色をながめたり、気持ちよい外の風にあたることができ

のびのびとお部屋で過ごしています。

園長先生がいちご組のお外を通った時に、みんなで楽しそうにお外を見ている姿で

「柵をつけてくれてありがとう!」の気持ちを伝えているような気がします。

お外が見えるところは大人気で、いろいろな方法で寄ってきては、柵を触ったり、つかまり立ちをしようとしています。

視線が高くなって、視野も広がりとっても嬉しそう!!ますます発達の手助けとなる「柵」になりそうです。

引っ越しまであと1ケ月。いちご組の新しい柵は、大活躍しそうです。    雅子:記

 

このページの一番上へ