ふるさとだより


2012 年 5 月 31 日 木曜日

市販の“焼き肉のたれ”や“そばつゆ”等の“合わせ調味料”は、化学調味料とタンパク加水分解物です。こういう「タレ」や「ツユ」を使った食事では、アミノ酸の摂取バランスが偏り、ミネラルが不足します。又、冷凍食品や加工食品、精製食品にはミネラルは含まれていません。どうしてもミネラル不足に陥りやすいのです。必要なミネラルが不足すると、身体がミネラルを補おうとして際限なく食欲を出すので、肥満にもなりやすいと言われています。なので、“たれ”や“つゆ”を買うときには、まず化学調味料が無添加のものを探すようにしたいです。

自家製タレ、ツユの作り方紹介・・・・・基本となるタレは、醤油とみりんを同量用意し、ひと煮たちさせると、もう出来上がり。これはすき焼き・照り焼きに使えます。これにおろしにんにくと白ごまとごま油を加えると「焼き肉のたれ」になります。生姜焼きには、おろし生姜を加えます。生姜には肉を柔らかくする酵素が含まれているので、加工された市販のたれよりおいしく出来上がります。

「焼き鳥のたれ」は、基本のたれをとろみが出るまで煮詰め、コクと香りが増してから使うといいようです。これに豆板醤を加えれば、朝鮮風焼き肉のたれに。

「つゆ」には「ダシ」が必要・・・・・ポン酢も基本のタレから作れます。ユズ、レモン、酢を合計して、基本タレに半分の量を加えるだけです。    麺やなべ物、おでんなどのツユは、「基本のタレ」にダシを加えます。手間を省きたい場合は、醤油とみりんに、煮干しと昆布、かつおぶしを加え、ひと煮立ちさせます。顆粒は勿論、パックのダシでも、塩と糖類、化学調味料とタンパク加水分解物で味付けをしていたら、美味しくてもミネラル不足になります。煮干しでダシをとれば、ミネラルが豊富なので、美味しく健康にいいだけでなく、少量の食事でも体が、満足するので、太りにくくなる・・・ということです。  ー『素敵な節約』(小若順一著)よりー

 

 

 

2012 年 5 月 30 日 水曜日

今日は、染色家の保護者に藍苗をいただいたので、年長さんがプランターに植え替えました。もっと大きくなって、たくさんに増えたら、染色体験の指導をしてもらう予定です。まだこの苗からは「藍染め」と言っても想像できないと思いますが、それまで楽しみに生長を待とうと思います。苗植えも回数を重ねているので上手になってきました。畑の周りにあるプランターの半分以上は藍でいっぱいになりそうです。学童さんにも、藍染めをするというので、おすそ分けしました。

園舎の工事ですが、東側のサッシがはいり、電気関係やガスや水道の配管工事もだいぶ進んできました。今日は、20名くらいの職人さんが、汗を流して下さっていました。

 

2012 年 5 月 29 日 火曜日

大気が不安定で、昨日のような雷雨にならないうちに・・・とさつまの苗植えに続き、年長さんが畑の残りスペースに夏野菜の苗を植えました。今日植えたものは、吉田俊道先生お勧めのエンサイ(種)、モロヘイヤ、ツルムラサキの夏の葉物野菜です。なぜお勧めか、吉田先生曰く「夏の強烈な紫外線は、植物の葉の中や人の体内で水と反応して強力な活性酸素を大量に発生させます。人間が夏の日差しを丸裸で1時間も浴びたら全身やけどは必至なのに、夏野菜の葉は丸1日浴び続けてもびくともしません。それは活性酸素消去能力が格段に高いから。そんな夏野菜が庭先やベランダにあれば、早朝に最も高いとされる夏の葉のパワーを毎朝いただけるのです。」ということです。

せっかく苗を植えたのにこの草は何?という方の為に・・・。

さらに、「植える際には苗を10分程度水につけます。植えたらすぐ土に草などを最低でも5センチ以上積み重ねます。草の下部が常に湿った状態になるので、土の表面まで根が張り、少ない土を最大限活用できます。土の表面が硬くならず通気がよくなり、徐々に発酵分解されていく草が、野菜にミネラル分を供給します。水やりは、植え付け時の1回だけで済み、仮に晴天が続いてもしばらく水やりは必要ありません。水をやらないことで、根が下に発達するので、干ばつに強いし、キュウリなどは収穫期間が長くなります。」だそうです。水やりが少なくて済むのはECOですね。

2012 年 5 月 28 日 月曜日

昨日の日曜日(27日)には小貝川の河川敷でフラワーフェスティバルが催されました。度重なる大雨で、ポピーが根腐れを起こして、一時は壊滅的かと心配されましたが、写真のように持ち直し、筑波山をバックに、赤が鮮やかに咲き誇っていました。中央の芝生では私が行った時間には、東部中学校吹奏楽部の生徒たちが演奏をしていました(その後も種々の団体の演技や演奏があったようです。)。また、特産物の販売や、JC(青年会議所)のトン汁など…お天気が良かったので、大勢の人で賑わっていました。中央の芝生を挟んで、南側の黄色とオレンジのキンセンカも見事でした。日差しは強かったですが、風がさわやかだったので、自転車で行ってきました。

2012 年 5 月 25 日 金曜日

毎週金曜日は、園舎の東側のプレハブで、写真のような工事の定例打ち合わせ会議をしています。設計士さんは茅ヶ崎から2人体制で毎週通ってくださっています。

本日、やっと工事のめどが立ちました。予定より1か月遅れてしまいますが、6月30日(土)引き渡し、ということになりました。

6月27日に新厨房への移転、園庭の仮囲いがはずれます。28日に土木事務所と消防署等の検査、29日に市役所の検査となります。つきましては、27日から29日まで厨房が使えないため、おべんとうデーとさせていていただきます。ご協力のほどよろしくお願いいつぃます。

・・・ということで、30日(土)に荷物を移動します。お手伝いをいただけます方は、よろしくお願いいたします。(お子さんを連れないで来られる方とさせていただきます。)30日のみで大体の荷物を運びたいので、保育はお休みさせていただきます。

尚、7月7日(土)午後13時半~親子見学会、14時からミニコンサート、翌8日(日)に竣工式(ごく内輪の簡単な)をする予定です。※親子見学会には卒園児ももちろんいらして下さい。

このページの一番上へ