ふるさとだより


夏に欠かせないゴーヤ

急に暑くなってきました。湿気も伴っているので、暑さに慣れていない、体温調節の未発達な未満児は、熱を出す子が出ています。環境も変わったので疲れも出たのかもしれません。週末はゆっくり過ごしてもらいたいと思います。当園の職員も、引っ越し、環境設定、内覧会、竣工式、・・・と続き休日返上でしたが、みんなとても頑張ったと思います。保護者のご協力、職員の頑張りに感謝しています。

さて、暑さに負けない疲労回復に、ビタミンCの豊富なゴーヤはこの夏の鍵になると思います!ゴーヤのビタミンCは、加熱しても壊れにくく、短時間、強火での加熱であれば損なわれることはないそうです。ビタミンCは肌の張りを保つコラーゲンが作られるときに使われ、メラニン色素を作るのを防ぐ効果もあるそうなので、日焼け予防、美肌効果も期待できそうです。また、ゴーヤの有効成分はそれだけにとどまらず、胃液の分泌を促し、食欲を増進させるとともに、肝機能を高め、血糖値を下げる効果があることも実証されています。更に、ゴーヤに含まれるたんぱく質の一種モモジンには血圧を下げ、免疫力を高める効果もあるということですから、これを食べない手はないと思います。

今年は園舎の工事をしていたので、ゴーヤのグリーンカーテンを作るのが遅れましたが、0・1歳保育室と事務室の南側に植えたゴーヤは順調に伸びています。昼食にEMゴーヤがお目見えする日は、そう遠くはないと思います。・・・・そして、夏バテを防ぐには、まず体力をつけることです。ゴーヤとともに良質のたんぱく質を摂ることも忘れないようにしたいです。

このページの一番上へ