ふるさとだより


『どうぞのいす』

 香山美子作・柿本幸造絵の『どうぞのいす』。うさぎさんがイスを作って、“どうぞのいす”というたてふだを立てておきました。最初にロバがやってきて、背負っていたどんぐりをイスに置き、木陰で昼寝をしていました。寝ている間に、はちみつを持ったクマがやってきて、「どうぞとあるから、どんぐりを頂こう」と食べてしまいます。が、「からっぽにしては、後の人にお気の毒」とハチミツを置いていきます。次に焼き立てのパンを持ったキツネがやってきて、どうぞのいすにあったハチミツを食べてしまいます。「からっぽにしては後の人にお気の毒」と、焼き立てのパンを1本、どうぞのイスに置いていきます。次に10匹のリスが栗をいっぱい持ってやってきます。パンは食べたことがないと食べてしまいます。「からっぽにしては次の人がお気の毒」とかわりに栗をいっぱいかごに入れていきます。まもなく目を覚ましたロバは、どんぐりが栗に代わってしまったのを見て「どんぐりって、くりの赤ちゃんだったかしら・・・」お昼寝を長くし過ぎたかしら・・・。

楽しいほのぼのとしたお話です。次の人のことを考えられる“思いやり”は子ども達には是非育ってほしいと思っています。

このページの一番上へ