ふるさとだより


『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』

だれもが知っているこのタイトル。ロバート・フルガムのエッセイ集で、このタイトルだけが独り歩きしてしまった・・・という感じがあります。でも一貫して“遊び心”というか“心のゆとり”が人生には必要だよと教えてくれてるような本です。タイトルは堅そうでも、疲れたとき、おすすめ・・・です。

幼稚園の砂場で学んだことは・・・・

「(略)・何でもみんなで分け合うこと。・ずるをしないこと。・人をぶたないこと。・使ったものは必ず元のところに戻すこと。・ちらかしたら自分で後片付けをすること。・人のものに手を出さないこと。・誰かを傷つけたら、ごめんなさい、と言うこと。・食事の前には手を洗うこと。・トイレに行ったらちゃんと水を流すこと。・つりあいのとれた生活をすることー毎日、少し勉強し、少し考え、少し絵を描き、歌い、踊り、遊び、そして少し働くこと。・・・・(略)・・・

「そして、人間はいくつになっても、やはり、おもてに出たら手をつなぎ合って、はなればなれにならないようにするのが一番だ。」   …と。

このページの一番上へ