ふるさとだより


心を高める名言

鹿児島「ふじやま学校」特別顧問、カリスマモチベーター北山邦子氏の名言を紹介します。どれも心に響く言葉です。味わってみて下さい。

★自由とは、欲するままに行動することではない。自由とは「自らを由(よし)とすること。」自らを拠りどころにし、他人に責任を転嫁しないこと。つまりすべて自己責任で生きることが、本当  の「自由」なのです。

★人の親となり、私は私たちの生命体を産み育ててくださっている祖神様(おやがみさま)の気持ちに近づけたように思います。どの生命体も祖神様にとっては」大切な子どもであり、全ての子が大切なのです。争うことよりも、互いに受け入れることを望んでいるはずです。

★目に見えるものを追いかけ、目に見えるものに愛されたいと思う時、人は感謝を忘れ、傲慢になります。目に見えない天から愛されていることを忘れると、すべては崩壊へと進んでいくように存じます。

★この世に生きる人、すべてが愛された経験のある人です。お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん・・・・。いつも愛して信じてくれる人があったからこそ、私たちは赤ん坊から大人になり、今があるはずです。ならば今度は自分が愛する側になればいい。

 

このページの一番上へ