お知らせ


2012 年 10 月 31 日 水曜日

今日は、午後からさつま芋の「お芋ほり」をしました。

時どき、お芋畑の近くを散歩しながら、

自分達で植えたお芋・・、「どうなったかなぁ〰」と気にしながら、

おいもの成長を楽しみにしてきた「みかん組さん」。

先日、みんなが掘りやすいようにと、お芋のつるかりをして、準備万端!

お芋畑も、みんなの登場を待っていました。

お芋堀りですから、土の中に手を入れて、お芋を探すのですが、

ほとんどの子が、土の感触や手が汚れることを嫌がらずに、

ちょこっと顔を出しているお芋を頑張って掘っていました。

掘ってみると、かわいいお芋や細長いお芋、太ったお芋といろいろでした。

しかし、例年より豊作、しかもお芋も立派!!

今年は、始めて保育園自家製肥料(生ごみリサイクル土)を使ってみたのですが、

大成功だったようです。

今日は、自分達で掘ったお芋を一つずつ持ち帰りました。

どんなお芋料理に変身するのでしょうか?楽しみです。

ご家族、皆さんでお召し上がり下さいね♪  えみこ:記

 

2012 年 10 月 30 日 火曜日

昨日のブログデは、ぶどう組さんの作品展の様子が紹介されていましたが、本日はばなな組バージョンのかわいい作品を紹介します!!

ライオンは園庭に落ちていた桜の葉をみんなで拾い集め、指で丁寧に1枚1枚ボンドをつけピカピカの“たてがみ”にしました。

そしてみの虫は、トイレットペーパーの芯に細長く破いた折り紙をのりでつけ、カラフルなみの虫に仕上げました。

自分で作ったみの虫には、一人ひとりの顔写真をつけました。

個性溢れると~ってもかわいいみの虫になりましたよ!

4月から指先の時間に取り組んだ作品です。

折り紙や絵の具、クレヨン、そしてハサミを使ってのばなな組らしい作品が並んでいます。

じっくりと見て下さいね!!

ライオンとみの虫は、いちご組さんと一緒のスペースに展示されます。

どうぞ、ご家族揃って見に行ってくださいね(*^_^*)

お楽しみに~!!

記:角野

2012 年 10 月 29 日 月曜日

来る11月2日からの「文化祭」に向けての作品作りに頑張ってきましたが、

先週には、ほとんどの子ども達の作品作りは終えまして、

今日は担任が名前を入れたり、台紙を貼ったりの作業をしました。

4月からの作品を見直して、色々な作品の中から一人3,4点の作品を選び、展示します。

どうでしょう!?

指先の時間に一生懸命取り組んだ作品は、どれも個性豊かで

すばらしい作品ばかりと自負しております。

異年齢の良さから、年中・年長児の影響を受けて、年少児の作品もなかなかのできばえです。

1日に搬入して、2日から4日の16時頃までの展示となります。

どうか、ご家族お揃いで見に行っていただき

おおいに褒めていただけたら、嬉しいと思っています。

是非是非、下妻市体育館におでかけ下さい・・・。   ひとみ:記

2012 年 10 月 26 日 金曜日

日曜日は雨とか・・・あしたの十三夜のお月見はだいじょうぶかな・・・。

いつもは19日の食育の日に「お味見タイム」をあてているのですが、今月は運動会の前日となり、今日のお団子で「お味見タイム」となりました。

毎年、十五夜はねんちょうさんが、そして十三夜はねんちゅうさんが、お団子づくりをしています。広くなったランチルームで、みんな十分に「お団子づくり」を楽しめたようです。お月見なので、半分のお団子は、かぼちゃを入れて、黄色のお団子にしてみました。

明日は、お家でお団子づくりを楽しむ子もいるのでしょうね。

秋の七草のすすきと萩を今朝みつけてきました。一日早いのですが 季節の果物を一緒にお供えしました。日本の昔から伝わる行事・・・大人から子どもに伝えていきたいと考えています。

 

そして・・・朝の「お手伝い」に今日から、2歳児のばななぐみさんが、仲間入りです。一人ずつ予定しています。

お兄さんお姉さんの交って、小さい手で一生懸命、キャベツをちぎってくれました。ありがとう!

栄養士   箱守 美智子

 

 

 

 

2012 年 10 月 25 日 木曜日

先日の運動会では、たくさんのご声援・ご協力、本当にありがとうございました。

一大イベントが無事に終わり、ホッとひと息といいたいところですが・・・・・

スポーツの秋から芸術の秋へ、来る文化祭出展に向けて、仕上げの真っ最中です。

今まで、指先の時間に製作した作品や、新たに文化祭に備えて製作した作品など・・・。

これは、年長児の作品で夏に藍染めに挑戦し、きれいに染め上ったくつ下が、

こんなステキな作品へと仕上がりました。

本物は、ぜひ会場にて

製作者のお子さんとご一緒に、見にいらして下さいね。   千里:記

このページの一番上へ