ふるさとだより


人生に絶望なし

先日読んだ記事を抜粋します。

≪その少女の足に突然の激痛が走ったのは、3歳の冬である。病院での診断は突発性脱疽。肉が焼け骨が腐る難病で、切断しないと命が危ないという。診断通りだった。それから間もなく、少女の左手が5本の指を付けたまま、手首からボロッともげ落ちた。悲嘆の底で両親は手術を決意する。少女は両腕を肘の関節から、両足を膝の関節から切り落とされた。少女は達磨(だるま)娘と言われるようになった。

少女7歳の時に父が死亡。そして9歳になった頃、それまで少女を舐めるように可愛がっていた母が一変する。猛烈な訓練を始めるのだ。手足のない少女に着物を与え、「ほどいてみよ。」「はさみの使い方を考えよ」「針に糸を通してみよ」できないとご飯を食べさせてもらえない。少女は必死だった。小刀を口にくわえて鉛筆を削る。口で字を書く。歯と唇を動かし肘から先がない腕に挟んだ針に糸を通す。その糸を舌でクルッと回し玉結びにする。文字通りの血が滲む努力。それができるようになったのは12歳の終わり頃だった。

ある時、近所の幼友達に人形の着物を縫ってやった。その着物は唾(つば)でベトベトだった。それでも幼友達は大喜びだったが、その母親は「汚い」と川に放り捨てた。それを聞いた少女は、「いつかは濡れていない着物を縫ってみせる」と奮い立った。少女が濡れていない単衣(ひとえぎぬ)一枚を仕立て上げたのは、15歳の時だった。

この一念が、その後の少女の人生を拓く基になったのである。その人の名は中村久子。後年、彼女はこう述べている。「両手両足を切り落とされたこの体こそが、人間としてどう生きるかを教えてくれた最高最大の先生であった」そしてこう断言する。 「人生に絶望なし。いかなる人生にも決して絶望はない」・・・と。≫

このページの一番上へ