ふるさとだより


お手当(2)

今日は発熱でお休みしたお子さんがいつもより多かったです。主に0・1歳クラス。RSウィルスに感染したお子さんもいました。RSウィルスの特徴は“咳込み“で、“発熱”や“鼻水”も伴ったりするようですが、ほとんど2歳ころまでに罹患するようです。こういうことを何度も繰り返すことによって、大きくなってきて、抵抗力がついきて、「あれっ!風邪かな~」くらいで済むようになるとか・・・。重症化すると肺炎を起こしてしまうそうなので、特に今の時期は、子ども達の体調には気配りが必要ですね。

熱を出したとき、大抵は氷を使いますよね。でも、氷は血管を収縮させて血流が悪くなるとか・・・。その点“豆腐”なら心配いりません。

【豆腐パスターの作り方】“豆腐半丁”をよく水切りした後細かく潰し、“おろし生姜(豆腐の約1割)”と“小麦粉”を混ぜ合わせます。混ぜ合わせた豆腐を布の上に1~1.5㎝の厚さにのばします(あまり薄くない方がいいです。)。これを額に貼りつければOK。冷やす作用が強いので、37.5度以下に下がったら、使わない方がいいようです。豆腐が熱を吸って黄色くなってきたら替え時です。(ちょっと臭いかも・・)

このページの一番上へ