ふるさとだより


七五三

7歳・5歳・3歳の子どもの成長を祝う日本古来の年中行事。(天和元年(1681年12月24日)11月15日に館林城主である徳川徳松(江戸幕府第5代将軍綱吉の長男)の健康を祈って始まったとされる説が有力とか。)

とはいえ保育園では、年齢に関係なく、全部の子ども達が、自作の千歳あめ袋を下げて、神社参拝に・・・。これまでの成長に感謝をして、満開の菊が並ぶ随身門前で記念撮影です。

このページの一番上へ