ふるさとだより


スキンシップ遺伝子

中村学園大学教授 占部賢志氏の対談記事に感動する内容があったのでお知らせします。

“大阪大学医学部の先生で玉井克人さんという方がいます。

 玉井医師は「表皮水疱症(ひょうひすいほうしょう)」の専門家で、 この病気は全国で数百名ぐらいの難病中の難病といわれています。
  通常、私たちの皮膚は三層から成っていて、 それがくっついているそうですが、 「表皮水疱症」はそれが不十分で、 夜、寝返りを打つだけで、皮膚がずれて破れてしまう。 ですから、いつも水疱ができるので、 それを一つひとつ専用の針で潰し、 軟膏を塗らねばならないそうです。 これを朝夕二回やるんです。そういう難病です。
 玉井医師はこの研究と治療をずっと続けてきて、 信じられない現象に気づくんですね。
 それは、この難病を背負っている子供たちが一人の例外もなく、 いつもみんな笑顔で実に明るいというのです。
 あれだけの難病、しかも毎日激痛と闘っている。 いつ治るかも分からないのに、なぜこんなにも明るく、
 逆にこちらが癒されるような笑顔を見せてくれるのか、 不思議でしょうがなかった。     

 ところが、その理由が分かったそうです。 
 それは、母と子の触れ合いによって活性化される 「スキンシップ遺伝子」 の働きなのだというのです。

 要するに彼らは生まれた瞬間から 毎日毎日、朝夕二回、母が水疱を潰して、 全身に手のひらで軟膏を塗ってやるでしょう。 その母の手のひらが遺伝子に働きかけ、 情動の発達を促して、 あの優しい笑顔を生み出していたというのです。

 それを玉井医師は「スキンシップ遺伝子」と呼ぶのです。

 私はこの玉井医師のレポートを読んだ時、大変感動しました。
 難病やハンディという大変な逆境を背負っていても、 人を癒し、明るく世の中を生きる力を生み出すのは、 母の手のひらなんだと。 目に見えぬ母の愛情には、 それだけの力を与えることが科学でも証明されたということです。”

こんな簡単なことで子どもの心が癒されるのですから、健康体でも、お風呂上りにクリームをつけてあげたり、寝る時に背中などを撫でであげてはいかがでしょう?
 

このページの一番上へ