お知らせ


2013 年 1 月 31 日 木曜日

本日は新年から取り組み始めた昼食のセミバイキングの様子(2歳児クラス・ばなな組)をお知らせいたします。

今までにもご飯の配膳時には「いっぱい」がいいか、「少し」がいいかを子ども達一人ひとりが担任に言葉で伝えていましたが、それに加えておかずも自分で食べたい量を伝えるセミバイキングになりました。

各テーブル毎におかずが配膳されます。

そして、ご飯と同様に子ども達自身がどれ位食べられるかを担任に伝え、皿に取り分けてもらいます。

始めて約1ヶ月ですが、ご飯で経験しているので全員が食べたい量をきちんと伝えることができています。

そして、おはしとフォークの選択性も取り入れました。

おはしの人気も上昇中・・・。

上手に使える子、まだちょっぴり難しいかなぁと感じる子もいますが、フォークで食べていた時よりもスピーディーに食べ終わってしまう子もいてびっくり!!

まだ始まったばかりのセミバイキングですが、何よりも笑顔で楽しく食べている子ども達の姿が見られることが一番うれしいです。

記:角野

2013 年 1 月 30 日 水曜日

明けましておめでとう!と、スタートした1月も残すところ今日を含め、あと2日となりました。

もうすぐ2月、子ども達が楽しみにしている(?!)節分がやってきます。

それに備えて強そうな鬼のお面を製作しました!

みんな気合い十分。鬼退治に必要なのは「豆」・・・と、そうです!元気いっぱいのパワーです!!

そちらはどうかというと・・・?

登園し、パパッと支度を済ませると園庭にかけ出していく大宝っ子(^O^)

走り回ったり、霜柱をザクザクと踏んで、、とっても元気に遊んでいます。

 

今週は、体調不良でお休みの子がちょっと多くなってしまいましたが、

早く良くなり登園できるといいなと思います。

これだけパワフルに遊べる元気があれば、鬼がやってきても大丈夫!??

今日も寒さなんてへっちゃらで、遊んでいる子ども達でした(^_^)/

記:真由美

 

 

 

2013 年 1 月 29 日 火曜日

今週から実習生のお姉さん達が以上児の各クラスに1名ずつ入ってくれています。

お姉さんがクラスに入ってくれるのを楽しみに待っていた子ども達。

かわるがわる話しかけては、自己アピール…丁寧な対応に会話も弾みます。

一緒に遊んで、楽しい時間を過ごしています。

さて、もうすぐ節分ですね。ももぐみには鬼のお面が勢ぞろいしました♪

あとは2月1日を待つばかりです。

昨年の園内豆まきを覚えていて、ちょっぴり不安げな子もいますが、鬼の登場を心待ちにしている子どもたちも・・・

「鬼はそと!福は内!!」とみんな大きな声で豆まきをして、鬼を追い出し、福を呼び込みたいと思います。      千里:記

2013 年 1 月 28 日 月曜日

昨年夏、30キロの梅を購入し、年長さんと「梅干し」をつくりました。素材などを考えて、昨年はパルシステムから購入したのですが、11月に「手作り梅干し品評会」!「わが家の梅干し大募集」のチラシを見つけ、せっかくだから応募してみようかな!と。

そこで、梅干しと写真を含むエピソードの資料を送ってみました。先週のこと・・・一次審査があり、残念ながら入選とはならなかったのですが・・・との電話が入りました。しかし、年長さんのとりくむ姿に注目が集まり、今回特別に、がんばった年長さんにささやかなプレゼントを贈らせていただきますよ!とのことでした。

本日、その品が届きました。子ども達が喜びそうな「ごはん&うんちシール」です。明日おたよりを添えて持たせたいと思います。子ども達のがんばりが審査される方々の心に何か届けられるものがあったのでしょうね!嬉しい事です! ありがとうございました(*^_^*)

頑張りを認めてあげる事・・・信じてあげる事・・・見守ってあげる事・・・大事ですね。

栄養士  箱守 美智子

2013 年 1 月 25 日 金曜日

1月も大寒がすぎ、今が一番寒〰い時期となりました。

しかし、寒さに負けずいちご組さんは毎日元気いっぱい!!

みんなで仲良く楽しく過ごしています(^O^)

そして、間もなく”節分”ということで

今日は指先の時間に鬼のお面作りを行いました。

赤鬼と青鬼の面はどっちがいいか、子ども達に選ばせました。

「どっちがいい?」と聞くと、ちゃんと指をさして教えてくれるんですよ。

そして、クレヨンで鬼の顔に自分の好きなように色づけして

その後、毛糸で髪の毛をペタン。みんなとっても上手にやっていました。

最後に、鬼の目や口をつけて、”かわいいオニさん”の出来上がりです。

そして、今日は月に一度のおべんとうデー。

子ども達とっても嬉しそうに食べていました。

お家の皆さま、早起きお疲れ様でした!    まさよ:記

このページの一番上へ