ふるさとだより


元気人間づくりって?

来週14日(木)午後には吉田俊道先生(長崎在住)の講演会がありますが、吉田先生が以前から元気野菜作りで関わってきた佐世保のマミー保育園では、病気で休む子がほとんどいないそうで、先日北九州のTVで取り上げられました。吉田先生がコメントをしているので以下紹介します。

≪マミー保育園の3歳児以上の、年間一人当たり病気欠席日数が、平均1日。
この意味は、例えば、ひとりの子がインフルで3日、体調不良で2日、年に計5日休んだとき、
別に4人の子が、1年間まったく病欠なしの場合に、この数値になります。そんな奇跡が、もう連続4年も続いています。
発酵微生物の力を存分に吸収した菌ちゃんパワー野菜を栄養を逃がさない調理で、皮ごと生長点ごともりもり食べて、
煮干を頭ごと食べて、発酵食品も毎日、つまり元氣いっぱいのいのちとつながった子どもたちが、
さらに、普段から病原菌から逃げず、病気しても薬で逃げず、自力で病気を乗り越えた子ばっかりになると、
これがあたり前の姿なのかもしれません。
以下はテレビ放送です。
http://www.youtube.com/watch?v=C2sB2GfSUxU

(後半は、緑茶でのうがいですが、確かに効果はあるでしょうが、発達障害との関係も指摘されているネオニコチノイド農薬が
ヨーロッパのなんと300倍残留しても良いことになっている日本の普通の緑茶をあまりたくさん飲むと別の問題が発生しそうで心配です。
ネオニコチノイド不使用のお茶を作る組織が出てきて欲しいです。)≫

そういえば昨日、〇クド〇ルド下妻店が新しくなったのを初めてみました。大きくなっていて驚きました!・・・ということは利用する人が多いということなのでしょう。でも、これを食べていると免疫力は下がりますよ!アメリカで禁止されているトランス脂肪酸がいまだに使用されていると言いますし、他にも理由はありますが、子どもには食べさせたくないと思っています。

このページの一番上へ