ふるさとだより


給食改善その2

昨日に引き続き、吉田俊道さんから送られてきた「保育園での改善例」。これを目指しています。

・分づき米または雑穀入りごはん。 ・最初の一口だけ、全員で100回噛む(脳の活性化、落ち着き、有害物分解、消化吸収促進、便秘解消、唾液腺の発達) ・食事中、テーブルに飲み物を置かない。 ・煮干しや小魚の頭ごと料理を毎日。  ・みそ汁等のダシは、頭ごとのアゴ(とびうお)、煮干、昆布を粉末にしたものを使う。 ・味噌、醤油、酢、油、塩、砂糖を変える。 ・3時のおやつはおにぎり(煮干入り炊き込みご飯)・いろんな無農薬野菜のお茶(人参葉、番茶、柿、薬草茶)、氷水はやらない。 ・6時のおやつは出来るだけやらない(夕食が遅すぎる家庭など、必要ならおにぎりのみ)

このページの一番上へ