ふるさとだより


天地の心にかなう生き方

自分の体、自分の命は自分のもの、と私たちは思っている。

だが、すべては天地から借り受けたものなのだ、ということである。

天地から借り受けたものならば、粗末にせず、その価値を十分に発揮させ、時期が来たらお返しする。

それこそが天地の心にかなう生き方であろう。    ~ポケット名言集より~

このページの一番上へ