ふるさとだより


シンボルツリー

園庭中央にあった“ソヨゴ”が園舎改修工事後から元気がなくなって弱ってしまいました。そういう時に、守谷の業者の方がたくさん銘木を神社に寄贈して下さったのです。その中の1本“キンキャラ”を、“ソヨゴ”の跡に植えて頂きました。

“ソヨゴ”は、学童クラブの“ゆめの森”に移植されました(中央の木の右側)。“ソヨゴ”のように上に伸びる木は、似たようなまっすぐ伸びる木と一緒に植えた方が元気に育つのだとか・・・。震災前にこの“ゆめの森”に園舎の建替えを計画し、樹木を何本も伐採してしまいましたが、守谷の業者さんのおかげで、緑が蘇りました。園庭の“キンキャラ”は、保育園創立35周年記念樹として、また中央ゆめの丘の楠(クスノキ)に次ぐ第二のシンボルツリーとして、どっしりと子ども達を見守ってくれる風格を備えています。

このページの一番上へ