ふるさとだより


「食後に眠くならない食べ方」って?

今日は24節気の啓蟄です。土ごもりをしていた虫が動き出す頃をいいますが、同じ日本列島でも北の地方はまだまだ寒さが厳しいようでも、南の地方では、穴の中から這い出す虫もいるかもしれません。

私は研修会に行くとなるべく前の席で聞くようにしていますが、昼食後は眠ってしまう恐れがあるので、最前列は控えてしまいます。なので、この見出しを見たとき、感動すら覚えました。『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』で小林弘幸氏が次のように書いています。

“食後に眠くならないポイントは2つ。1つは、「食前に300~500cc程度の水を飲む」こと。もう一つは、「腹八分目の量をできるだけゆっくり時間をかけて摂る。」ことです。”つまり、“食事をすることで、交感神経が一気に高まりますが、食後、消化器官が動き出すことで、一気に副交感神経優位に「急転換」します。実は食後の眠気はこの急転換が原因なのです。”ということです。 今度実践してみようと思います。

つまり

このページの一番上へ