ふるさとだより


「木」という詩

田村隆一氏の「木」という素敵な詩にであったので、紹介します。大自然の命のメッセージを感じられるような気がします。

≪木は黙っているから好きだ     木は歩いたり走ったりしないから好きだ    木は愛とか正義とかわからないから好きだ

 ほんとうにそうか  ほんとうにそうなのか

 見る人が見たら  木は囁いて(ささやいて)いるのだ  ゆったりと静かな声で  

 木は歩いているのだ  空に向かって     木は稲妻のごとく走っているのだ  地の下へ

 木は確かにわめかないが  木は   愛そのものだ  それでなかったら小鳥が飛んできて  枝にとまるはずがない

 正義そのものだ   それでなかったら地下水を根から吸い上げて   空にかえすはずがない

 若木  老樹  ひとつとして同じ木がない   ひとつとして同じ星の光の中で  目ざめている木はない

 木  ぼくはきみのことが大好きだ≫

同時に、毎年年長児に読んでいる『大きな木』(シルヴァスタイン 篠崎書林) を思い出し、卒園までにはもう一度読んであげたいと思った。 

このページの一番上へ