ふるさとだより


恒例の相撲稽古

恒例になっている高砂・錦戸部屋の合同合宿稽古。早朝より力士たちの気合のこもった練習に、熱い視線を送る見学の方々。緊張した稽古のあとは、上半身裸になった当保育園の年長男児による、お相撲さんとの取り組みです。二人組で向かっても、振り回されたり、投げられたりでまったく歯が立たず、最後は全員でかかって倒しました(・・というか倒れてもらいました。)。でもその健気さに、会場が笑いにつつまれ、和やかな雰囲気で終えました。さすが子ども達!あっぱれでした!

このページの一番上へ