ふるさとだより


観桜苑のショウブを見てきました

今、砂沼の観桜苑のショウブが見頃です。天気予報では雨マークでしたが、昨日と今日の午後は、バスで出かけることができました(3~5歳の、もも・ぶどう組のみ)。ショウブを見ながら“橋げた”を歩き、アスレチック遊具のコーナーにまっしぐらに走る子ども達。園バスは30歳以上しか運転ができないので、30歳以上のひとみさん(当園には3人のひとみさんがいます)が、何往復もバスの運転をしてくれました。なので、1回ごとの遊び時間は少ししかありませんでしたが、子ども達はバスの中でもどこでも大喜びでした。今回は、年長児の“梅ジュースづくり”があったので、年齢別の活動になりましたが、これもまた、新しい発見があってよかった・・・との担任保育士の感想がありました。

このページの一番上へ