お知らせ


平和の鐘、一振り運動

以下の通り、鶴文乃様よりメールが届きましたので、紹介いたします。参加は自由ですので、この“思い”に皆様と共感できたらと思います。

【      平和の鐘、2013年8月9日

  場所:大宝八幡宮(関東最古の八幡さま)

     下妻市大宝667  TEL 0296-44-3756

     鐘楼前集合

  時間:AM10:30

     趣旨説明、「明日が来なかった子どもたちから、~」の朗読

     AM11:02  鐘を鳴らす、黙祷、祈念

*平和の鐘、一振り運動は、2006年に海外へ呼びかけ2007年から、国内のお寺、神社、教会、施設などの鳴り物(鐘、太鼓、鈴など何でも)を、毎年8月9日、午前11時2分に一振りして、平和な社会を、一人一人が築くことを誓い、広島、長崎、福島の犠牲者を弔い、「核なき平和な世界を」と、国内外に呼びかける活動です。

これは、団体ではなく、あくまでも個人一人ひとりの意志でなされる活動です。

鐘をたった一振りと提唱するのは、原爆投下たった10秒間、20万以上の人々が、

1945年12月末までに死に至ると刻印されたということに基づいたものです。鐘の一振りは1分以上鳴りますから、その一瞬の殺戮のすさまじさ、動物や植物のみならず、大地を死なせる核について、考える時間にしていただきたい。

*今年は、ドイツでステンドグラスの作家としてご活躍中の山内祥様のご実家、大宝八幡宮様で、平和の鐘が鳴ることになりました。今、山内光洋様ご夫妻が立派に御守なさっている八幡宮様は、地域の人々の心の拠りどころとなっていますが、今度の「平和の鐘、一振り運動」にご理解くださり、実現することになりました。この仲介役を買っていただいた濱田靖子さんと勝岡由紀子さんに感謝いたします。このイベントで人々の出会いがあり、平和への願いが広がることと、思います。           感謝              】                          

連絡先 029-852-3033 鶴(留守の場合は用件を留守電に。)

2013年、 夏                           鶴文乃

このページの一番上へ