お知らせ


2013 年 7 月 29 日 月曜日

ママサロンのご報告

 先日のママサロンでは、育児に関する悩み、保育園生活の疑問点などについて、先輩ママの意見を聞けて有意義な場となりました。その中で今回は、駐車場へのすれ違いをスムーズにするために、ミラーの配置を変える等検討してほしいという意見が出ました。

夕涼み会について(8.30)

 夕涼み会に親子で出店をしてみませんか?50円均一のお店を予定しています。いろいろなお店があった方が楽しいので、是非参加してください。家族単位でもグループでもOKです。出店ご希望の方は、園の玄関に申し込み書を置かせていただきますので、記入後“みどりの窓口”に入れてください。宜しくお願い致します。

2013 年 7 月 25 日 木曜日

以下の通り、鶴文乃様よりメールが届きましたので、紹介いたします。参加は自由ですので、この“思い”に皆様と共感できたらと思います。

【      平和の鐘、2013年8月9日

  場所:大宝八幡宮(関東最古の八幡さま)

     下妻市大宝667  TEL 0296-44-3756

     鐘楼前集合

  時間:AM10:30

     趣旨説明、「明日が来なかった子どもたちから、~」の朗読

     AM11:02  鐘を鳴らす、黙祷、祈念

*平和の鐘、一振り運動は、2006年に海外へ呼びかけ2007年から、国内のお寺、神社、教会、施設などの鳴り物(鐘、太鼓、鈴など何でも)を、毎年8月9日、午前11時2分に一振りして、平和な社会を、一人一人が築くことを誓い、広島、長崎、福島の犠牲者を弔い、「核なき平和な世界を」と、国内外に呼びかける活動です。

これは、団体ではなく、あくまでも個人一人ひとりの意志でなされる活動です。

鐘をたった一振りと提唱するのは、原爆投下たった10秒間、20万以上の人々が、

1945年12月末までに死に至ると刻印されたということに基づいたものです。鐘の一振りは1分以上鳴りますから、その一瞬の殺戮のすさまじさ、動物や植物のみならず、大地を死なせる核について、考える時間にしていただきたい。

*今年は、ドイツでステンドグラスの作家としてご活躍中の山内祥様のご実家、大宝八幡宮様で、平和の鐘が鳴ることになりました。今、山内光洋様ご夫妻が立派に御守なさっている八幡宮様は、地域の人々の心の拠りどころとなっていますが、今度の「平和の鐘、一振り運動」にご理解くださり、実現することになりました。この仲介役を買っていただいた濱田靖子さんと勝岡由紀子さんに感謝いたします。このイベントで人々の出会いがあり、平和への願いが広がることと、思います。           感謝              】                          

連絡先 029-852-3033 鶴(留守の場合は用件を留守電に。)

2013年、 夏                           鶴文乃

2013 年 7 月 17 日 水曜日

ヒロシマ・ナガサキ・(フクシマ)を伝え、子ども達と大人が平和について考えるイベントを下記の通り開催します。参加は自由です。お時間が取れる方は是非お越しください。

  日 時   平成25年8月9日(金)  午前10時半~

  場 所   大宝八幡宮鐘楼前(拝殿前近く)

    ※内容は、“明日が来なかった子ども達から、今を生きるあなたへ”という詩を朗読します。作者 鶴文乃さん(鶴さんは 世界的にご活躍のつくば市在住の方)  魂が揺さぶられるような詩です。プロの方が朗読してくださいます。その他2編くらい詩の朗読があるかも・・・。

11時2分  鐘を撞く   黙祷・祈念

福島原発事故も忘れないよう、「花は咲く」を歌い終了。

以上のような流れの集いです。保育園の年中・年長児及び学童クラブの子ども達が参加予定です。


  • このページの一番上へ