ふるさとだより


白砂糖の怖さ

≪白砂糖は、サトウキビを絞り、石炭、炭素、亜硫酸、亜硫酸ガスを使って煮詰め、不純物を取り除いてからホウ酸や塩素を加えて生成し、塩素などの無機酸で漂白して作ります。精製する過程でサトウキビに含まれていたミネラルやビタミンなどの微量栄養素は全部失われてしまうので、白砂糖というのは化学薬品のようなものです。

消化吸収が早いので、白砂糖が大量い体に入ると血糖値が急激に上がってしまいます。そして、それを下げようとしてインスリンが過剰に分泌され、逆に血糖値が下がり過ぎて低血糖になってしまいます。

低血糖が続くと、今度は血糖値を上昇させようとしてアドレナリンが分泌されます。アドレナリンというのは興奮状態の時に放出されるホルモンで、出過ぎると、脳が正常な判断ができなくなってしまいます。そして、それを下げようとしてインスリンが過剰に分泌され、逆に血糖値が下がり過ぎて低血糖になってしまうんです。

低血糖が続くと今度は血糖値を上昇させようとしてアドレナリンが分泌されます。アドレナリンというのは興奮状態の時に放出されるホルモンで出過ぎると、脳が正常な判断ができなくなってしまう。イライラしたり、キレやすくなったり、暴力的になったり、眠れなくなったりするんです。

一頃、キレる子ども達が多いと話題になっていたけれど、スナック菓子や清涼飲料水に含まれている砂糖が、子ども達の心身を狂わせていたと言ってもいいくらいです。手軽に食べられるから、子どもが食べたがるからという理由で親はつい与えてしまいがちですが、気性の荒い子どもにしたくないのであれば、たとえどんなにせがまれても砂糖の入ったお菓子やジュース等は与えてはいけません。≫ 『これを食べれば医者はいらない』若杉友子著より抜粋

このページの一番上へ