ふるさとだより


わらべうた・あそびランド大会に向けて

“情操豊かな子ども達を育むことが、大人たちの責務である”・・と言う下妻の産んだ偉大な作詞家:故門井八郎先生(代表的作品は、石原裕次郎の「赤いグラス」等多数。)の提唱に、この運動を平成3年に発足、第1回大会を開いて、今回が第12回目となります(大会は隔年)。・・・今日は、会場となる文化会館での練習が行われました。練習は4つの保育園の年長児が一緒に演技するため、合同練習は必須です。

第一部では、下妻出身の作曲家 故増田賢二先生の四季折々の歌の数々や口答詩、わらべうたなど約45分間にわたって子ども達が披露します。リハーサルは17日(金)、19日(日)が本番となります。

第二部は7人の演奏家によるワクワク音楽鑑賞会~音楽と映像によるメルヘン~があります。たくさんの方のご来場をお待ちしています。

このページの一番上へ