ふるさとだより


菌ちゃん大活躍

今日は年長児と、畑の土の状態を見て土をよく混ぜ合わせました。3月下旬に各自で持ち寄った生ごみと、EMボカシを畑の土に混ぜてビニールシートをかけておいたその畑の土です。玉ねぎの皮が少し残ってはいましたが、あんなにたくさんあった生ごみが見事に分解されてなくなっていました。「どうして生ごみが無くなったのかな?誰かが食べてしまったのかな?」の問いかけに「菌ちゃん!」という答えが・・・。それから菌ちゃんに空気を与えるために土を混ぜ合わせ、水分を加えて、再びシートで覆いました。連休明けに夏野菜の苗を植えますが、土づくりから体験している子ども達は、植える前から土への感性や生き物へのまなざしが違ってくることでしょう。

このページの一番上へ