ふるさとだより


2014 年 8 月 21 日 木曜日

夏の風物詩の一つ、蚊取り線香。除虫菊というマーガレットに似た白い花を咲かせる植物、これがかつての蚊取り線香の原料で、特に花の部分が防虫作用が強く活用されてきたそうです。かつては日本は輸出するほど大量に生産していたそうですが、戦後は激減。除虫菊の代用品として、安く大量に生産することができた塩素系有機合成殺虫剤が開発され、使用されるようになりました。が、自然界では分解しにくく、動物や人の体内に蓄積する有害性が問題となり生産は中止されました。

その後、除虫菊成分「ピレトリン」に似た物質を化学的に合成した「ピレスロイド化合物」を作ることに成功し(昭和24年)、除虫剤・殺虫剤として使用されるようになって、蚊やハエ、ゴキブリやダニなどを駆除する殺虫剤成分として広く利用されるようになりました。しかし、人間の目や鼻、喉などの粘膜への刺激性、アレルギー反応、さらには視力低下や意識混濁、全身けいれん等の重い症状を稀に発症する可能性も指摘され始めているようです。中でもマットタイプや液状タイプの殺虫剤は、臭いがないため長時間継続して使ってしまいやすい為、身体への害がより大きくなりやすく注意が必要です。写真は、園で使用している100%植物性の蚊取り線香で、刺激性が低く、小さい子ども達にも安心です。保育室でも外でも使用しています。火をつけて煙と共に成分を広げるために、使いすぎることもありません。毎日使うものだから、安心安全のものがいいですね。

2014 年 8 月 20 日 水曜日

園で使用しているガイガーカウンターです。当初は別のものを使っていましたが、黄色のものを購入してからは主に使用しています。バッテリーは長年使用できる優れものです。が、数字がおかしくなってきたので(μSV0.1又は0.2を指すようになってしまった)、バッテリーを交換してもらおうと電気屋さんに行ったら、これは充電式だといわれ、入っていたケースを見てみると、なんとケーブルがあったので、パソコンでもOKですが、今は電源アダプターから充電しています。充電時間は8時間もかかるようです。・・・こういうことも知らず、本当に年は取りたくないものです。ちなみに当園の本日の放射線量は、園庭でμSV0.04~0.05です。これは写真左のガイガーカウンターでの計測値です。 

2014 年 8 月 19 日 火曜日

写真は未満児専用園庭、すくすくガーデンの一部です。一角にハーブ園をと考えて、EM生ごみリサイクル土を使用したので、「冬がん」のツルが元気よく延びて、たくさんの冬がんを付けています。2,3種のハーブは現在埋もれています。折角大きくなっているので、9月15日は大宝八幡宮の大祭で、その前夜祭の12日と14日夜(19時~)には関東の奇祭と言われるタバンカ祭りがあります。別名“冬がん祭り”と言われているものなので、このお祭りに使えたら凄い・・・と思っています。お祭りに奉仕する人たちが、必ず拝殿で食することになっていますから・・・。

2014 年 8 月 18 日 月曜日

お盆中は、親が休みで、家庭で保育できるお子さんが多く、職員は交代で出勤し、通常よりはゆっくりできました。が、新盆のお家は通常のお盆とは真逆です。当家も新盆でした。夫にゆかりのある方々はじめ、たくさんの方にお参り頂きました。忙しくて大変!と思っていましたが、いやいや、暑い中をお参りにいらして頂き、なかなかお話しする機会がない中、ゆっくりとはいかないまでも、お話ができてよかったと、つくづく思えました。お顔が分からなかった方も、わかるようになったし・・・。これも日本古来からの伝統文化です。何でも簡素化がいいとは言えないと思います。簡素化はますます疎遠になっていきます。こんな時だからこそ、“人とのかかわり”を大事にしたいとあらためて思いました。   ・・・・・その中で感動したお話があったので紹介します。・・・夫の知人(Yさん)で、最近は疎遠になっていましたが、Yさん宅も新盆でお互い行き来し合いました。Yさんは夫たちとボランティア活動を共にしている頃に体調を崩し、その後人工透析を受けることになってしまったそうです。12年間も透析をしていたらしいのですが、たまたま奥さんの腎臓と適合し、奥さんから一つもらって早2年経過した今はとても元気に、奥さんと共に趣味の生活を満喫されている、ということを伺いました(家業は息子さんに譲ったそうです。)。現在の医学では、血液型が違っても移植が可能だとういうのですから驚きです。白血球はA型で赤血球はAB型とかいっていました。Yさんが元気になったことで奥さんは、手術前は多少躊躇もあったようですが、提供して心から良かったとおっしゃっていました。素敵な夫婦愛です。

2014 年 8 月 12 日 火曜日

「声を失っても伝えたいこと」
児玉典彦(下関市立川中中学校校長)氏の記事を以下に紹介します。

《下咽頭がん。これが医者から告げられた病名でした。
聞けば喉にできた悪性の腫瘍が進行していて、完治する確率は数十%だというのです。
呆然とする私を前に、医者は2つの治療法を提示しました。
1つは手術、もう一つは放射線治療です。
説明によると、手術をすれば命が助かる可能性は高まるが、
声帯を除去するために声を失う。
一方、放射線治療であれば声は残るが生存率が低くなる、というのです。
声を失う。私はそのことに大きなショックを受けました。
当時の私は声帯を除去しても声を出せる方法があるとは知る由もありません。
つまり手術を選べば必然的に話すことができなくなるので、
教師を辞めなければならないと考えたのです。
しかし、23年間にわたる教師生活を振り返ると、
その決断を下すのはあまりに辛く耐えがたいものでした。
* *
附属病院でがんを宣告された帰り道、私の頭の中は迷いと苦悩が渦巻いていました。
いっそのこと、がんのことは誰にも告げずに仕事を続け、
命が尽きるまでやれるだけやればいいじゃないかという考えに傾きもしました。
しかしそれはあまりに自分勝手で家族に申し訳がたたないので、
放射線治療にすべてを託そうと思い至ります。
家に戻ってすぐに妻と2人の子供を部屋に集めると、
私はゆっくりとこれまでのことを話し始めました。
そして精密検査の結果はもちろん、示された2つの治療法のことを話した上で、
「私は放射線治療をやってみようと思う」と伝えました。
すると突然、大学4年生になる長女の目から
ボロボロボロボロ涙がこぼれ落ちると、嗚咽する声が部屋にこだましました。
そして顔をくしゃくしゃにして泣きながら、
「お父さん、どんな姿になってもいいから生きていて」と私に頼むのです。
それも何度も何度も。
この時、私の心理状態はとても複雑でした。
声を失いたくないという思いに加えて、手術に対する恐怖心が私を支配していたのです。
医者の説明によれば、この手術は決して簡単なものではありませんでした。
手術に要する時間は10時間以上で、
声帯を含めた喉と食道を繋ぐ部分を全部取り除いた上で、
開腹して取り出した腸の一部を使って食道を再建するというものです。
自分はどうなってしまうのだろうかという思いが、私を頑なにしていたのです。
しかし娘の涙をじっと見ているうちに、私はこの子のために生きなければいけない、
そのためにも生きることを優先させようと決意しました。
自分のことばかりを考えていた私に、娘の涙が一筋の光を与えてくれました。
自分以外の誰かの幸せのために頑張ろうとした時、
乗り越えられないと思っていた壁を残り越えられることを、私はこの時に教えられたのです。
* *
それからひと月後に行われた手術は16時間にも及びましたが、無事に成功。
ただし、リンパ節が破裂してがん細胞が他の部位に転移している可能性があったため、
右肩から首にかけての筋肉をごっそりと切除されるなど体への負担は相当のものでした。
術後は麻酔で3日間眠らされ、その後1週間は身動き1つできません。
肉体的苦痛で眠れない日が続き、何度か幻覚が見えたこともありました。
ある程度回復したところで、がん細胞が他にも飛び火している可能性がまだ残っているために、医者の勧めもあって抗がん剤治療と放射線治療も行われ、
結局すべての治療を終えるまでに6か月を要しました。
その間体重は10キロ以上落ち込み、以前は誰が見ても体育の先生のようだった体格は
見る影もなくなってしまいました。
こんな体で果たして職場に戻れるのだろうかと不安になったものです。
* *
退院後、私はすぐに赴任先の校長のところに向かいました。
教頭から降格してもらい、特別支援学校へ行かせてくれるよう
筆談を交えてお願いするためです。ところが校長は首を縦に振りませんでした。
それどころか私にこう語り掛けたのです。        「あなたの経験は特別支援学校よりも普通学校でこそ役に立つのではないでしょうか。勇気を出して、普通学校に戻って下さい。」こう校長が私の背中をポンと押してくれたのでした。

それから校長に就任し、特別授業として「道徳」の授業を人工喉頭器を使って教壇に立っています。私だからこそ話せることを、生徒たちに伝えています。命の尊さ学ぶことの大切さのほかに「自分の為にだけ生きようとすると行き詰るが、自分以外の人の為にならば思いがけない力が出る。だから自分の幸せではなく、人の幸せのために生きる人になってほしい。」と。・・・・》                                               失ったものに目を向けるのではなく、今できることに目を向けるってすばらしいことですね。

 

このページの一番上へ