ふるさとだより


“お母さん”のことばの意味は?

東洋思想家として日本の伝統文化に造詣の深い境野勝悟氏の
人気書籍『日本のこころの教育』の中から“お母さん”の語源にまつわる感動秘話をご紹介します。
 「“お母さん”の言葉の意味を知っていますか?」
≪僕が小学校の1年のときのある日、「ただいま」って家に帰ると、お母さんがいないときがありました。
お父さんに、「お母さんどうしたの?」と聞くと、
「稲刈りで実家へ手伝いに行ったよ」と言う。
そして、「きょうはお母さんがいないから、 おれが温かいうどんをつくってやる」
と言って、親父がうどんをつくってくれました。
ところが、温かいうどんのはずなのに、お父さんのつくったうどんはなぜか冷ゃっこいんです。
一方、「ただいま」と家に帰ってお母さんがいるときは僕はいつでも
「お母さん、何かないの?」と聞きました。
すると、母は「おまえは人の顔さえ見れば 食い物のことばっかり言って、 食いしん坊だね。
 そこに、ほら、芋があるよ」って言う。
そういうときは決まって、きのうふかしたさつま芋が目ざるの中に入っていました。
かかっているふきんを取ると、芋はいつもひゃーッと冷たいんです。
だけれども、お母さんのそばで食う芋は不思議に温かかった。 
これは、もしかすると女性には理解できないかもしれないけれども、男性にはわかってもらえると思います。
お母さんが家にいると黙っていても明るいのです。あたたかいのです。
それで、わたくしたち男は自分の妻に対して、
「日身(カミ)」に「さん」をつけて「日身(カミ)さん」と言ったんです。
丁寧なところでは、これに「お」をつけて「お日身(カミ)さん」といったんですよ。
何でしょうか。
この「日身(カミ)」という意味は?
「カ」は古い言葉では「カカ」といいました。もっと古い言葉では、「カアカア」といった。
さらに古い言葉では「カッカ」といったんです。
「カカ」「カアカア」「カッカッ」。
これが「カ」となるんですね。
「ミ」というのは、わたくしたちの身体という意味です。
ですから、「日身(カミ)」とは、「カカ」の身体である、「カアカア」の身体である、
「カッカ」の身体であるという意味なんです。
では、「カカ」「カアカア」「カッカ」という音は、古代では一体何を意味したのでしょうか。
「カッカッ」というのは、太陽が燃えている様子を表す擬態語でした。
「カッカッ」とは、実は太陽のことを指したのですね。
「カアカア」「カカ」という音も同様です。
つまり、わたくしたちの体、わたくしたちの命は太陽の命の身体であるということを、
「日・身(カミ)」(太陽の身体)と言ったんです。
「カミ」の「カ」に「日」という漢字が当てられているのを見れば、
「カ」が太陽のことを意味しているということがわかるでしょう。
「日身(カミ)」とは、太陽の体、太陽の身体という意味だったのです。
お母さんはいつも明るくて、あたたかくて、しかも朝、昼、晩、と食事をつくってくださって、
わたくしたちの生命を育ててくださいます。
わたくしたちの身体を産んでくださいます。
母親というのはわたくしたちを産み、その上私たちを育ててくれます。
母親は太陽さんのような恵みの力によってわたくしたちを世話してくれる。
母親はまさに太陽さんそのもだということから、母親のことをむかしは「お日身(カミ)さん」といったのです。
江戸時代の職人たちは「日(カ)」の古い言葉の「カアカア」をとって、「うちのカカア」といいました。
子どもたちもこの古い言葉の「カカ」をとって、「うちのカカさま」といった。
ですから、いまでも歌舞伎では、お母さんのことを「カカさま」というんですね。
この「カ」が残って、いま「おかあさん」というんですよ。
おかあさん……の「か」は、なんと太陽さんという意味だったのです。≫

このページの一番上へ