ふるさとだより


毎日必ず味噌汁を!

味噌は、「身素」とも呼ばれ、「身」の「祖」、「礎」でもあると言われています。「美蘇」と当て字してもいいかもしれません。又、昔から「味噌は医者殺し」「味噌汁一杯は三里の力」「味噌汁は朝の毒消し」などとも言われています。さらに昔の人は、「ご飯を食べる前にまず、味噌汁を飲んだら、胃や腸が“は~い、食事してもいいですよ~”と、準備を整えてくれるんだよ」と言ってきたのです。

長崎に原爆が落とされた時に、爆心地から約1㎞にある浦上第一病院で被爆した秋月辰一郎医師は、職員や患者さんに提供したものが“玄米のおにぎりと味噌汁”だったそうです。結果、だれも原爆症を発症せず健康に老いることができたという話は有名です。 

【味噌の7徳】 ①放射線の害を軽減。②乳・胃・大腸・肝・肺腺・早期前立腺等のガンを抑制。 ③高血圧や脳卒中・脳梗塞・心筋梗塞・動脈硬化のリスクを軽減。④糖尿病や肥満・便秘を改善。⑤老化や認知症の防止。⑥シミ・ソバカス等の予防。⑦自律神経の調整。                                                                      

このページの一番上へ