ふるさとだより


しつけの三原則

1.朝、必ず親に挨拶をする子にすること。

1.親に呼ばれたら必ず、「ハイ」とハッキリ返事のできる子にすること。

1.ハキモノを脱いだら、必ずそろえ、席を立ったら必ずイスを入れる子にすること。

これは日本の誇る教育者の森信三先生のいうしつけ三原則です。この3つを徹底すればいいと言っておられます。このしつけのコツはというと、母親自身が、ご主人に対して朝の挨拶をはっきりするようにし、またご主人から呼ばれたら、必ず「ハイ」とはっきりした返事をするように努力することだと仰っています。しつけは「つ」がつくうちにということです。つまり、3つ、4つ・・・9つまでに。

このページの一番上へ