ふるさとだより


明日は七草

せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ ・・・これぞ七草。

お正月の御馳走で、疲れた胃を休めるため、というのは最近の説で、邪気を祓うために、7日の七にちなんだ七草粥を食し、一年の無病息災を祈ったとされるのが由来のようです。以前はコメ・アワ・キビ・ヒエ・ミノ・ゴマ・アズキの7種の穀物の粥を指したそうですが、鎌倉時代より現在の七草になったとか・・・。

又、七草囃子(はやし)というのもあって、≪七草ナズナ 唐土(とうど)の鳥が 日本の土地に渡らぬ先に 七草ナズナ ストトンストトン ストトントン≫と調子よく歌うのだそうです。・・これも楽しそうですね。

1月は睦月。これは家族が睦まじく過ごす月、という意味もあるそうですので、日本の伝統を、お子さんと共に楽しみながらできるといいですね。今は、スーパーでも簡単な七草セットが買えますので、是非明日の朝は七草粥を・・・。

このページの一番上へ