ふるさとだより


トップ歯科医のプロの流儀

山形県酒田市に驚くべき歯医者さんがいらっしゃるそうです。その名は、日吉歯科診療所の理事長・熊谷崇さん。
「酒田市民の口腔(こうくう)内の健康状態を世界一にする」という理念を掲げ、通院する子供の8割以上が二十歳まで
永久歯に虫歯が一本もできない、80代90代になっても20本以上歯が残っている等、数々の実績を上げられているそうです。
そんな歯科医療を提供し続ける熊谷さんのインタビュー記事を紹介します。
──どのような治療をされているのでしょうか。
初診の患者さんのほぼ全員が何かしら歯の痛みや不具合を感じて、足を運ばれます。
歯医者には痛くなったら行く、というのが一般的な感覚でしょう。当然、患者さんは早く完治させてほしいと思っているはずです。ただ、私は痛みを緩和するための治療は行いますけど、すぐに本格的な治療に入ることはほとんどないんです。

──といいますと?
歯科医療というのは、いまその時だけ痛みを取り除けばいいとか、食べられればいいのではありません。
口腔疾患のリスクを管理することは、全身疾患のリスクを管理することへも繋がり、人々の全身健康へ寄与します。
そして、自分の歯で食べ、不自由なく生活ができ、自然の美しさを維持する。それが何よりの目的です。
自分の口の中に何本詰め物があるのか、それはいつ、どこの歯医者で詰めたのか。
それすらも分からないっていう患者さんが多い。
歯科医にすべてお任せの診療が行われていて、情報が閉ざされてしまっているんです。
患者さん自身が自分の歯の状態を知り考えること。その意識を芽生えさせない事には、根本的な治療には至らないんですね。
──口腔の健康に対する患者さんの意識をまず変えていくと。
(略)
ただ、特に開業して間もない頃は、患者さんにそういうことを言っても受け入れてもらえなかったり、
中には罵倒されたりしたこともありました。
痛いところをいますぐ治してもらったらいい、忙しくてメンテナンスになんか行っている時間はないと。
初診で見えて以降、ぱったり患者さんが来なくなってしまいましてね。
赤字経営になり、自分の貯金を切り崩してスタッフの給料を支払っていました。
いま思い出しても、本当にあの時期は苦しかったです。
そこで患者さんの要求を呑んだほうが楽だったと思いますけど、それは絶対にしなかった。
──熊谷先生をそこまでして 突き動かすものは何ですか。
やっぱりそれは歯科医としての責任感、使命感です。
収入が減ろうが、患者さんから罵倒されようが、患者さんの口腔の健康を守ることが
ライセンスを預かっている者の果たすべき責任、使命ですよ。
困難な道から逃げず、自分の信念を曲げずに、王道を進んでいくことが大事だと思います。
夢を叶えるために敢えて困難な道を選択し、先入観や既成概念を捨てて、
情熱を傾け創意工夫をしながら、ブレずに目的を達成しようと努力し続ける人。
それがプロの姿ではないでしょうか。

このページの一番上へ