ふるさとだより


2015 年 12 月 25 日 金曜日

s_DSC01306s_DSC01303

今日の餅つきは全園児参加でした。つまり、お休みゼロです!暖かくて餅つき日和でした。やっぱり臼でついたお餅の味は格別ですね!

・・・本日、下妻東部中学校の先生が、過日の3年生と触れ合い授業の際の写真と感想文を届けて下さいました。受験生ゆえに、癒しの時間になったようで、園児と触れ合った後の生徒達は、清々しい、満足した笑顔で学校に戻ったとの先生の第一声でした。 子ども達にとっても嬉しい時間でしたが、お互いに貴重な時間だったことが伺えます。来年も楽しみです。 ・・・それから玄関前には宮内保育士作の門松が完成しました。この素晴らしい門松に、元旦には園児達を見守ってくれる心強い“歳神様”が宿って下さることでしょう・・・。当保育園は28日(月)が今年最終日になります。

 

2015 年 12 月 22 日 火曜日

脳神経解剖学の世界的権威であり、第16代京大総長を務められた平澤興氏。
「人間には無限の可能性がある」「人間には140億個の神経細胞があるが、
 それを全部使い切ったものは一人もいない」と、人間に秘められた大いなる力と可能性を生涯にわたり探究し続けたといわれる平澤興氏は、人の心の琴線に触れる言葉を数多く残しておられます。特に心に残る名言の一部を紹介いたします。

●一番大事なのは、やっぱり自分を大切にすること、
 決して自分を欺かんことであります。
 そしてどんな場合でも、やるだけのことはやることであります。
 きわめてシンプルで簡単でありますが、人生はそういうものを貫きとおすかどうか ということではないかと、いまも私は思っております。
●偉大な先人はみな、学者であれ芸術家であれ事業家であれ、シンプルだと思うのであります。シンプルというのは、心が濁っておらないという意味であります。
●よく見ましょう。よく見れば、もう至るところに美があります。
 人生にもまた、至るところに感謝すべきものがあるし、
 美しいものがあるだろうと思います。
●進歩というものを目指せば迷うのであります。
 しかし迷うだけが進歩ではないのであります。
 その迷いの中を、動揺の中を貫いて次の安定を得なければ、
 それは駄目なのであります。
●結局人間は、自分で自分の身の工夫をして面倒を見て、そしていかに生きるかということを考えることが最も重要な問題だと思います。

2015 年 12 月 10 日 木曜日

DSC01274DSC01275 常総の水害をきっかけにEM発酵液を作る「百倍利器」を購入し定期的に作っています。11月からは2ℓ1本150円で販売を始めました。常総市の保育園にももちろん行っていますが、職員や保護者にも浸透してきています。この時期、ノロやRSなどのウィルスが蔓延しつつあるようで、嫌ですね!それで自園ではせっせと希釈液を部屋中散布したり、お掃除のときにはバケツに必ず添加、手洗い時にも手を浸しています。殺菌、殺菌とやっていると、強力な耐性菌ができてしまうので、ほどほどにしないといけないと思います。菌(善玉)との共生が大切ではないでしょうか! 本日新しい発酵液ができました。

2015 年 12 月 4 日 金曜日

10 今日は久しぶりのドラゴン亭(給食体験)でした。今までお母さん方はお忙しかったのか、2か月ほど参加者が途絶えていました。今日は2名でしたが、会話が弾み楽しかったです。次回は定員の4名に達しています。毎月2回行っていますので、まだの方はぜひお越しください。

2015 年 12 月 3 日 木曜日

s_P1180954s_P1180955s_P1180970 午後2時に東部中3年生の1クラスが、触れ合い授業で来園しました。子ども達は大喜び。たっぷり1時間遊んでもらって、一緒に参拝に行って、別れは名残惜しそうでした。

このページの一番上へ