ふるさとだより


2016 年 3 月 24 日 木曜日

お釈迦様は、人間を滅ぼす3つの毒があると言っています。

「貪」とん 「瞋」じん 「痴」

「貪」は貪る心、欲望ですね。次から次に欲望を抱いていく、それが人間を滅ぼす。

「瞋」は怒り。人間は自分の思いのままにならないことを怒り、恨みます。

「痴」は愚痴。なんで愚痴が出るかというと、正しいことを見極められない愚かさから愚痴が出る。だから「痴」という字は「知」にヤマイダレがついているでしょう。

お釈迦様は、この「貪 瞋 痴」の3つが絶えず人間の心の中に起こってきて、人間という生命体を滅ぼしてしまう毒になると言っているわけです。     ~『小さな経営論』より抜粋~

 

2016 年 3 月 22 日 火曜日

s_DSC01456 今日は市内の小学校の卒業式でした。たくさんの卒園生たちが、保護者の方と顔を見せに来てくれて、すっごく嬉しかったです。みんな立派に成長して、希望に満ちた顔をしていました。

それから、園庭の雲梯の横に《杏子の木》、すくすくガーデン横に《すももの木》、宮東公園に《オリーブ》2本を近所の方から頂きました。みんな立派な古木で、実のなる木なので、これからが楽しみです。杏子の木は今が満開です。おめでたい日に仲間入りした正に【希望の木】です。

s_DSC01461s_DSC01458

2016 年 3 月 18 日 金曜日

s_P1190255s_P1190277 昨日は年長さんのお別れ遠足。往復7キロの道のりを歩いたのですから、ずいぶん逞しくなりました。帰園して間もなく市内の演劇サークル“くるみ”による『舌切り雀』を全園児で観ました(森のお部屋で)。ストーリーを知っている子ども達が多かったので、「ふたを開けちゃダメ!ダメ!」など演じる人と観る人と一体感がありました。小さい子たちが泣いてしまう場面もありましたが、最後まで楽しめていたようです。くるみさんありがとうございました。くるみさんのメンバーが少々足りないので、場面を変える幕の上げ下ろしや、オバケの助っ人にと、当園のスタッフがぶっつけ本番飛び入り出演しました。まあ、年1回のお楽しみ会に、スタッフの劇を披露していることもあって、どんな役でもこなしてしまう頼もしい当園のスタッフ達です。

2016 年 3 月 11 日 金曜日

5年前の今日。午後の外遊びの時それは起きました。思い出すだけでも辛くなるけど、忘れてはならない出来事です。今日も寒い一日でしたが、子ども達は元気で園庭遊びの最中黙祷をしました。

・・・東日本大震災後の現地に足を運んでいるうちに見えてきたという、立ち直りの早い人と遅い人の違い。
その違いはそのまま人はどう生きたらいいのかというヒントにも繋がります。
松下政経塾元塾頭・上甲晃氏(志ネットワーク代表)と、イエローハット創業者・鍵山秀三郎氏との対談記事から抜粋して紹介します。
《【鍵山】幕末や明治に日本を訪れた外国人は、日本という国は貧しいけれども素晴らしい国民だと口々に称賛しました。
私たちはそういう素晴らしい祖先を持っているわけですから、その尊い生き方をしっかり継承していかなければなりません。
上甲】鍵山さんは日本人の本当のよさはどういうところにあるとお考えですか。
鍵山】世の中というのはお盆の上にたくさん豆が載っているようなもので、お盆が傾くとザラザラと流れ落ちていきます。
昔の日本には、その中で一人でも二人でも流されずに立ち止まって、困難ではあるけれども上に登っていった人がいました。
あるいは皆が上ばかり見ている時に自分だけは下をしっかり見て、誰も知らない所で努力を重ねた人がたくさんいました。
そういう精神を備えていたことが日本人のよさであったと私は思います。
上甲】順境にあっても逆境にあっても、節操を変えることなく前へ進む。(略)
この頃「青年塾」では、先般の大震災のような時にどういう人が立ち直りが早いかという話をしていましてね。
これは私が何度も被災地に足を運んでいるうちに分かってきたことなんですが、まず第一は、志のある人です。
ただ生活のためにパン屋をやっている人は、補助金をもらえる間は再開しようとは思わないのですが、
地域の役に立つためにパン屋をやっているという志や使命感のある人は、一刻も早くパン屋を再開しないと
地域の人が困ってしまうと考えるので、立ち直りが早いんです。
もう一つ、孤独な人は立ち直りが遅いけれども、強い絆で結ばれた仲間がいて、いろんな人が励ましに
来てくれるような人は、やっぱり立ち直りが早いですね。
ですから志と絆、この二つが人生の危機管理における重要なポイントだと私は考えるんです。》

2016 年 3 月 10 日 木曜日

s_P1190150s_P1190170s_DSC01445 昨日から大幅に気温が下がって冬に逆戻りしたようです。お天気も不安定で、本日が雨で明日が曇りの予定だったので、明日土づくりを予定していました。ところが、今朝の予報では明日が雨・・。で、急きょ土づくりを今日に繰り上げて、パチャママ農園さんに朝のうちに大量の葉物野菜くずを届けて頂き、指先の時間に年少~年長児は野菜ちぎりを。午後は細かくした野菜くずにEMボカシを混ぜて、ブルーシートの上から足でよく踏んで馴染ませ(写真中)、畑の土と混ぜて、ビニールをかけました。来週早々にはたくさんの菌ちゃんが見られるはずです。子ども達も遊びながらもよく手伝ってくれ、楽しく土づくりができました。5月の連休明けには夏野菜の苗を植える予定です。

このページの一番上へ