ふるさとだより


“あずき”の凄さ

加藤 淳(農学博士)氏の“あずき”の記事があったのでお知らせします。

≪あずきに含まれるポリフェノールには、血糖値を抑えてくれる効果があります。
マウスにあずきのポリフェノールの入ったエサを与えた後に砂糖水を飲ませたところ、
血糖値の上昇ピークが通常よりも30分遅く、そのピークも低いことが判明しました。
その後のヒト試験も、あずきには血糖値の上昇抑制効果があることが実証されました。
つまり、甘くしても安心して食べられるわけです。
またあずきには、いまの日本人に最も足りないといわれる食物繊維も豊富に含まれています。
食物繊維というと、もっと野菜を摂らなければと思われるかもしれません。
しかしあずきには、野菜の中でも食物繊維が多いと言われているごぼうの3倍、焼きいもと比べても3倍以上の
食物繊維が含まれています。
人間の免疫機能の約6割は腸内の善玉細菌に依存しており、腸内細菌の状態が人間の健康を大きく左右していると言えます。
腸内細菌を元気にするにはエサをあげなければなりませんが、
あずきに含まれている食物繊維やオリゴ糖は、絶好のエサとなるのです。≫
いかがでしょうか?あずき、見直したいですね!・・・次回は煮あずきの作り方を掲載します。

このページの一番上へ