ふるさとだより


本との出会い、人との出会いを大切に・・

面白い記事がありましたので紹介します。

ある村にたいそう徳の高いお坊さんが来て、何かすごい話をしてくださるというので、村中の人が集まりました。

村にやってきたそのえらいお坊さんはこう言いました。

「これから3年間、小石を拾いましょう。3年後きっとあなたたちは喜び、そして悔しがるでしょう。」

村の人たちは「は?」と思いました。幸せになるいい話が聞けるのかと期待して来たのに、意味不明の話だったのでみんながっかりしました。それでも素直に小石を拾い集めた人はたくさんいました。

3年経ちました。拾い集めた小石はどうなっていたと思いますか?全部ダイヤモンドに変わっていたのです。3年前にあのお坊さんが言った通り、小石を拾った人は大喜びしました。と同時に「もっとたくさん拾っておけばよかった」と悔しがりました。

何が言いたいかって? 休みの日、本を読みましょう。新しい出会いを求めて行動しましょう。そのときはただ一冊の本、ただの小さな出会いに過ぎないかもしれません。しかし若い時に読んだ本や人との出会いは、ある一定期間が過ぎるとダイヤモンドの輝きを放つようになるのです。

 

このページの一番上へ