ふるさとだより


ハイハイ運動・午前ひるねの利点

昨日は歯科検診がありました。検診後、嘱託歯科医の先生が、「虫歯の子も少ないが、顎の筋肉が発達している子どもが圧倒的に多い」ということをおっしゃっていました。

虫歯が少ないのは、食べてから寝ないことにあると思います。しかも歯磨き指導はしていません。(歯磨きは親にお任せするしかなく、集団ではとても目が届かず個別にみてあげられません。たまに歯でなく足を磨いている子を過去に見かけたこともありました。)

ハイハイ運動は顎の筋肉を発達させることは以前から言われていますので、毎日のハイハイ運動の成果は大きいと思います。また、給食も噛む力を育てるために、野菜のスティックや野菜を大きめにカットしてかじらせたり・・・などと日頃から心がけています。顎の発達は言葉にも影響がありますから大事なことです。将来肩こりや腰痛にも及ぶようですから、しっかり鍛えていきましょう。寝る前に這いまわって親子で遊ぶなんてこともいいかもしれません。

このページの一番上へ